CECIL MCBEEスタイルブックの表紙のために、グラビア・クイーンの江梨子ちゃんのファッション撮影をしました。彼女、実は足がとっても長く、パンツルックが良く似合いました。でも水着の撮影もしたかったなあ。(笑)この撮影も9月にしたものです。

バレンザの冬のカタログのための写真です。このブランドはほとんどの洋服が黒で、会社のイメージカラーも黒です。写真も黒バックで撮りたいという注文なので、洋服とバックがの黒がとけ込まないように、キノフロ(蛍光灯)を使って両サイドからのライティングにしています。シアン系のフィルターをかけて青みのある写真にしました。写真は撮影したカットの一部です。

バイカー、ロデオガールをテーマに九十九里にある牧場で撮影しました。機材は35mmカメラに28-80mmのレンズ1本だけで、ライティング等、難しいことな何もしていない簡単撮影です。背景の選び方とポーズがすべてです。撮影はあっという間に終わり、帰りには九十九里お約束の焼き蛤を食べました。

2001_8p_0001 2001_8p_0002 2001_8p_0003 2001_8p_0004

ハピーの編集長が替わって、僕の担当をしていた山田女史が26才にして編集長になりました。で、イメージを新しくしたいとのことで表紙も今回撮影することになりました。僕が表紙の撮影をするとイメージが随分変わってしまいそうなので、ず〜っと断り続けていたのですが、それでも良いと言うお言葉をいただいたので、やってみることにしました。
表紙用に衣装がえをして2カット撮ることになり、1カットはビスチェ(下着?)にジーンズだったので、外国判プレイボーイの様な感じにしてみました。女性誌で男性誌の様な写真を表紙に使うなんて考えられないことなんだけど……。
逆光ぎみの強いライトを髪や肩ごしに入れる、プレイボーイの典型的なライティングにし、仕上げはデジタルで肌をツルツル仕上げしています。プリントはこれもエプソンのプリンタで出力したものが原稿になりました。実はこれサンプルとして渡したものがあまりにも綺麗??だったそうで、本番のプリントと間違えて入稿してしまったようで、僕もそれを聞いてビックリ。校正を見てみるとかなり綺麗に出てきていたので、まあ、いっか・・ってことになってしまったのです。これからはサンプルはあまり綺麗なものを渡さないようにしようと反省しました。(笑)
そうそう、最終的にどちらも捨てがたいということで、左の写真はポスターに、右の写真を表紙に使ったとのことです。

ギャル誌の連載も3年経とうとしています。ギャル・ファッションも随分変わってきて、原宿MIXなる原宿系とどこが違うかまったくわからないファッションになってきました。違いがあるとすればギャル系は化粧をちゃんとする、原宿系はノーメイクに近いってことぐらいでしょうか。
撮影は羽田空港近くの空き地で、偶然、そこに散歩に来ていた犬くんたちがエキストラで参加しました。
機材は6X7カメラにストロボ。レンズの前にソフトフィルターを使って、ボヤボヤの写真にしました。最初のカットの横位置の写真はコンピューターで雲を少し描いて、2枚の写真を繋いでいます。プリントはエプソンのプリンタで出力したものを原稿にしています。

2001_9_0001 2001_9_0002 2001_9_0003 2001_9_0005 2001_9_0008 2001_9_0009

そうそう、杉山は最近暗室には入りません。プロ用のフィルム・スキャナも購入し、今はプリントは全てデジタルです。もちろんアナログのいいところもいっぱいあるのですが、細かい部分までコントロールするにはデジタルの方がいろいろと便利なのです。プロ用のデジカメも僕の撮影に対応できるようになるのも時間の問題のようです。何年か後にはフルデジタルになることは間違いないです。これからカメラマンを目指す人は、絶対デジタルの勉強もしてほしいと思います。

車の広告の写真です。車をメインに撮る訳ではないのですが、トィンゴとステキな仲間達??なんて言うテーマでの撮影です。メインは登場する仲間達のステキな笑顔だったりするわけですが、一応車の広告なので、車自体も美しく撮らなければなりません。車の写真は車のボディーに写りこむ不用意なものなどのコントロールもしたりするのでなかなか大変なのです。日中の晴天だと車の色がとんでしまったりするので、曇り空を待っての撮影です。この日は車の撮影にはもってこいの晴れくもりの天気で、太陽が雲の隙間に入り込んだ瞬間がシャッター・チャンスです。車を撮るのは曇りの方がいいとはいえ、人物や背景の青空はもちろん欲しい。そこで別撮りで青空を撮っておいて、コンピュータによる合成で青空を作ります。写真の青空は全てウソなんです。(笑)
今回は全て合成作業も杉山がやりました。あ〜あ、寝る時間がどんどんなくなっていく、どうしよう?

NIKONからブロニーフィルムをスキャンできるフィルムスキャナーが出たので、買ってしまいました。
ImaconのFLEXTIGHTを導入しようと考えていたので、NIKONの安さにつられて即買い。
あと何年かで、デジタルカメラが実用化して、フィルムスキャナーを使うことがなくなるんではないだろうかと考えるとFLEXTIGHTは高すぎる。
広告の仕事の場合のスキャニングは、どちらにしても外注することになるから、雑誌の仕事がこのCOOLSCAN 8000でできれば、それで良いのかも?
操作系やスキャニングしたデータはまずまずなので、外注して、思っているようなデータにスキャニングできていないことを考えれば、とっても精神衛生上も良い。

う〜ん、どうしようかな?っと考えましたが、引き受けることにしました。もともとインテリアや建築には興味はあったのですが、撮影となると僕の分野とは違うのでなかなか大変です。アートディレクターが僕のポートフォリオをクライアントに見せて、ファッション・フォトグラファーが撮るインテリア写真??ということで、プレゼンして通ってしまったそうです。
クライアントは住友林業で、通常はモデルハウスをそのまま撮ったインテリア写真でカタログを作っていたようですが、今回はモデルを使ってファミリーの設定で、家具やグリーンも全てスタイリストが揃えての本格的な撮影です。家具を運ぶトラックが何台も来てそれは大変な現場になりました。僕も撮影機材がボルボにはのらないので、機材車を出す程の量です。
あいにく天候が悪く、ほとんどの写真が窓の外からストロボを使って光を入れて、晴れた日の室内のように見せています。ひとつひとつの窓にストロボをセットして、それも雨に濡れるとショートしてとても危険なので防水対策もしてあります。忙しすぎて、撮影現場のスナップを撮ることができなかったので、お見せできないのが残念です。2Fの部屋なんかは特に大変でした。大型ストロボ10台は使っています。
通常のインテリア写真は人が写っていないので、長時間露光をして(スローシャッター/10秒くらいシャッターを開けているなんてザラです)で撮るので、ライティングも部屋の明かりや外光だけで撮ることが多いのですが、人物が入るとそんなにスローシャッターにするわけにはいかないので、みんな敬遠するんです。これってかなり難しんですよ。
まあ4日間の撮影も無事に終わり良かったです。朝は4時から夜の8時までなんて、16時間労働の日もありました。さすがに疲れました。

2001_6_10_001 2001_6_10_002 2001_6_10_003 2001_6_10_004 2001_6_10_005 2001_6_10_006 2001_6_10_008 2001_6_10_009 2001_6_10_010 2001_6_10_011 2001_6_10_012 2001_6_10_013 2001_6_10_014 2001_6_10_015 2001_6_10_016 2001_6_10_017 2001_6_10_018 2001_6_10_019 2001_6_10_020 2001_6_10_021 2001_6_10_022 2001_6_10_023