ネット社会でなかった時は、感情に訴える言葉や覚えやすいということでネーミングしていたと思います。
ところが、ネット社会になってきた現在では、ネーミングにもSEO対策的な考えを取り入れなければならなくなりました。

「検索」がキーワードです。

SEO対策のひとつとして「検索」に引っかかるということが重要になります。
まず、何かの時に検索されるのは、2つの言葉の組み合わせになると思います。

例として杉山の写真集や写真展の題名の付け方を解説します。
今回、写真展を開催するのですが、パプアニューギニアの「部族」の写真です。
「部族」がキーワードになるのはあたりまえなのですが、「部族」だけの1語の検索ではあまりにも多くの検索が出て来ます。
そこで、「部族」+「   」のもう1語を考えます。
作品の内容に合っていて、尚かつ検索した場合、他の検索内容にあまりひっかからない言葉を考えます。
「部族」+「肖像」を考えました。
検索するとほとんど出てこないので、「部族の肖像」に決めて、ホームページのタイトルに「部族の肖像」を入れたランディングページのようなものを作ります。
ランディングページには、googleのクロールが拾ってくれやすいようにする施術?もあるととても有効です。
2〜3日経ってgoogleのクロールが拾ってくれた頃に、「部族の肖像」で検索して上位に上がっていれば、そのタイトルは有効なものと言えます。もし、ダメな場合は新たな名前を考えます。

今回は、日本での写真展なので日本語での検索だけで充分ではあるのですが、一応、キーワードとして、「部族の肖像」「杉山宣嗣」「PAPUA NEW GUINEA」「TRIBE」を題名に入れています。
「部族の肖像 杉山宣嗣写真展 TRIBE@PAPUA NEW GUINEA」
ちょっと長いのですが、念のため他のワードでも引っかりやすいようにしています。写真展の題名としては最近は普通の長さではありますが、商品名ではちょっと長いですね。

ホームページだけではもの足りないので、同名の電子写真集もAmazon Kindleで発売させました。ホームページ上位検索があってのKindle写真集なので、Kindle写真集だけでは検索に上がらない事も多いように思います。

もうひとつ、Google+はA◯Bメンバーが使っている以外に、日本ではあまり参加している人は少ないと思いますが、実はGoogleが運営していることもあり、Google+の1投稿が検索に載りやすいようです。
SNSの拡散には参加者が少ないので有効ではないのですが、SNSの投稿が検索にのるのは、Google+の利用方法のひとつだと思っています。

以上の事は、もちろん作品が素晴らしいものである事が前提にはなるのですが、WEBの世界はgoogleのクロール(機械)相手なので、画像(作品)の善し悪しは、判断してくれません。
何かの時はお試しください。

「Shuffle(シャッフル)」に掲載されています!

Kindle電子書籍の写真集を自分で作る

コマーシャル・フォト2014年1月号 特集「フォトグラファーのためのタブレットPC活用術」から

img_special_tablet02_01

http://shuffle.genkosha.com/special/tablet/8555.html

1472938_628773433836451_1830602697_n

みなさん、ありがとうございます!!

発売以来9ヶ月、部門10位内をウロチョロしていましたが、
久しぶりに1位に返り咲きました。

これもみなさんの応援のおかげです!!
今年最後の月にうれしい贈り物です….
本当にありがとうございました!!

12/1から「Kindle本 冬のセール!」の対象商品に「Kindleで写真集を出そう! 」が選ばれました。

2013年12月1日から31日までの1か月間「Kindle月替わりセール」に掲載させて頂くことになりましたのでご連絡いたします。

と事前にメールをいただいていたのですが、

先日セールについてお送りした情報、及びリンクに誤りがございました。お客様に大変ご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。 
今回、お客様の本は、「月替わりセール」拡大版である以下リンクの「Kindle本 冬のセール」の対象となっております。

ということで、「冬のセール」になっていました。(笑)
さてさて、この「冬のセール」なるものが、どの程度ダウンロード数に反映するのかとても楽しみです。

11/24(日)時間:13:30~17:30(4時間)

エビスキャンプVOL.15 DIGITAL BOOK

【電子書籍 写真集作成 ワークショップ】

を開催します。

電子書籍の話とPubooを使った実際に簡単な電子写真集を制作するハンズオン・セミナーです。

(初級)

http://ebisu-camp.tumblr.com/

スクリーンショット(2013-11-06 18.41.52)

11/23(土)17:00~19:00 東京・渋谷「写真の学校-東京写真学園」にて電子書籍のセミナーです。

http://www.photoschool.jp/news/2013/detail_10_03.html

スクリーンショット(2013-11-06 18.44.22)

講座内容

本講座では、主に画像を使って作る、電子写真集・作品集・ビジュアルブック、カタログなどをカンタンに制作、販売する方法。また自己ブランディングにどう役立てるかをお伝えします。

続きを読む

11/8(金)は、日本大学芸術学部写真学科でファッションフォトと電子写真集の講義をします。

こちらは在校生の為の講座、授業?なので一般の方はNGです。

最近はあまりファッション・フォトはやっていませんが、もともとはファッション・フォトグラファーという位置づけでしたから….杉山は…

追伸

講義中の写真です…..

DSC_4702+ _DSC7166+ _DSC7133+

■関西の方にお知らせ■

9/28(土)13:30〜 関西電塾にて「電子書籍で作品集を出そう!」セミナーを開催いたします。
電塾初参加の方は1000円だそうです。

詳しくは関西電塾ホームページから

http://i-digital.jp/kansai_denjuku/

9月チラシ

ライブドアブログに電子書籍の個人出版を応援するサイトがあって、米国所得税を回避する為の米国納税者番号(TIN) の取得のことが書いてあったけど、みなさんとても苦労しているみたいです。
英語がまったくダメな人でもカンタンに取得する方法をしっかり教えちゃったのは杉山だけのようです。取得の為の代行業者に頼むと数万円もかかるそうです。
取得方法を知るだけでも500円はむちゃくちゃ安いと言う訳だ…..
それだけで杉山の本を買っている人もいそうです(笑)

そう言えば、KDPのフォーラムでも路頭に迷っている人いっぱい見かけたな。そんなに貴重な情報だったのなら5000円で売るべきだった……….(笑)

たまたま杉山が電話をした時にスパニッシュなまりのやさしい担当のおばちゃんが、「英語が話せない日本人が取得できる方法がないかなあ?」って聞いたら、上司と相談して、杉山の方法を教えてくれたんです。

英語がちゃんと話せない人からの対応がたいへんらしく、あちらにとっても少しでも電話での問い合わせを少なくしたかったそうです。

7月9日よりPubooでも「Kindleで写真集を出そう!」が発売されます。

PubooはPDF、ePub、Mobiに対応しているので、パソコンを含むすべてのディバイスで本書を読むことができます。
また、実はPubooならiOS,Android,Kindle端末を持っていない方でも電子書籍が制作できてしまうのです。

(期間限定で、より多くの方に利用していただけるようPubooでの販売開始しました。)

kindl

Pubooで購入→ http://j.mp/12SzKJS  販売終了いたしました。

Amazonで購入→ http://j.mp/1a5Nyq3