何年かぶりのフィルム撮影をしました。いつからまったくフィルムを使わなくなったのかもう忘れてしまいましたが、確か3年くらいになるのかな?
ファッションのカタログの仕事で、クライアントさんからの依頼でだったのですが、フィルムカメラ自体が半年に一度くらいは出してきて動作確認はするものの、いざ撮影となるとメーカーに出して検査をしてもらわなくては心配で仕事では使えません。で、検査してもらうと案の定修理代が10万を超える金額になってしまいました。やっぱり日頃使わなくなってしまうとテキメンです。
久しぶりのフィルム撮影で緊張しましたが、現像が上がってなんとか無事に写真を納品できたときは、ホッとしました。この緊張感はデジタルの比ではないですね。
デジタル・アナログどちらにもそれぞれメリット、デメリットがあり、かなり違うところで気を遣うのです。10日後にもう一度同じ撮影があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です