アップル – Proより抜粋

「ノート型の速いMacを待ち焦がれてましたよ」。こう語るのは、広告やエディトリアルでのファッションフォトを中心に活躍しているプロフォトグラファーの杉山宣嗣氏。大学在学中にプロのキャリアをスタートした杉山氏だが、写真集などでアーティストとしてのスタイルを確立しながらも、先鋭的なハイファッション誌からティーンズ誌に至るまで、手がける撮影は多岐にわたる。さらには著名なモデルや俳優の撮影、講演やテレビ番組のゲストコメンテーターなども務め、その多彩ぶりには驚かされるばかりだ。
幅広い分野で活動する杉山氏は、1ヶ月に誌面100ページ分以上もの撮影を行うことも珍しくないという。時には大手百貨店のファッションカタログを1冊丸ごと、しかもブランド別のテイストに合わせながら高いクオリティで撮り分けするなど、ハイレベルな仕事を的確にこなす職業フォトグラファーとしての実力も知られている。
スピードとクオリティ。それが多忙を極める杉山氏のワークスタイルを象徴するキーワードだ。「僕はもともと“早撮り”ではあるんですが、これだけの撮影量をこなすにはクオリティと効率性を両立できるフォトアプリケーションが必要ですし、それ以上にアプリケーションを十分に活かせるマシンが不可欠でした。それがMacだったんです」。

ロケの現場で待望されていたMacBook Pro
広告やファッション系には3000万画素クラスのデジタル中判カメラ、写真を大きく引き伸ばす必要がないエディトリアルなどでは35mmのCanon EOS-1Ds Mark IIを使用する杉山氏だが、いずれも撮影はカメラとMacを直接つないで行っている。Macを本格的に導入したのは画像処理用のPowerMac G4初期モデルからで、その後もMacを使い続けてきた。しかしある一時期、主にロケ撮影でWindowsのノートマシンを使用していたという。
「PowerBook G4の頃、35mmの撮影用アプリケーションの処理速度は、Mac版よりもWindows版のほうが速かったんです。それでもMacを使い続けたかったので、Power Mac G5を発電機ごとロケ現場に持ち込んで作業したこともありましたが、結局は効率を優先してWindowsのノートマシンを使っていました」。
しばらくはロケでWindowsマシンを使用しながら、PowerPC G5を搭載した高速なノートマシンの登場を待っていた杉山氏だが、アップルは2005年にIntelプロセッサへの移行を発表。その後、Intel Core Duoを搭載した待望のMacBook Proがリリースされた。「無骨なWindowsマシンはクリエイティブの現場では浮いてしまうんですが、仕方ないとあきらめていました。そんな時にMacBook Proが発表されたんです。もちろんすぐに購入しましたよ」。

Universal対応で撮影用アプリケーションが高速化
こうしてWindowsマシンから念願のMacBook Proに移行したものの、Intel搭載Macで動作するUniversal版の撮影用アプリケーションがリリースされるまでは、Boot CampでWindows版を使用していたという。現在ではPHASE ONEの「Capture One Pro」、LEAFの「Leaf Capture」、キヤノンの「Digital Photo Professional」「EOS Utility」といった中判カメラ/35mmいずれの撮影用アプリケーションもUniversal対応を果たしており、Mac OS Xでの一貫したワークフローに完全移行している。
「撮影用アプリケーションのUniversal版が、早い段階でリリースされたのは本当にありがたかったです。Boot Campを便利だと感じたこともありましたが、“Mac OS Xで動いたほうがいいに決まっている”というのが本音でしたからね」。Universal化によってMacBook Proでネイティブ動作するようになったアプリケーションは、従来のPowerPC版はもちろん、Windows版よりもあらゆる動作で確実に速くなったと実際の作業を経て杉山氏は語る。
「マシン性能が向上したのもあると思いますが、これだけ速くなったのは、カメラメーカー各社がアプリケーションをIntel Macにしっかり最適化させたからでしょう。今ではインターフェイス側の転送スピードが追いつかないくらいです」。

プロが満足できるMacBook Proのパフォーマンス
すべてのワークフローをMacベースに切り替えた杉山氏は、撮影現場でのMacBook Proのパフォーマンスに満足していると言う。
「とにかくMacBook Proの速さはダントツ。この薄さ、この美しさで、満足できるパフォーマンスを実現していることに驚嘆します。カメラからの転送やキャプチャーのレスポンスは速いし、表示スピードを重視しても撮影の現場ではMacBook Proが最速のノートマシンだと思いますよ。だからロケでもスタジオでもMacBook Proがメイン。現像や画像処理のような撮影後に集中して行う作業にはMac Proを使う場合もありますが、撮影ならMacBook Proで十分だと感じています。さらに高速になったIntel Core 2 Duoプロセッサ搭載モデルなら申し分なし、即買いですね」。

Apertureで表示環境を自由にカスタマイズ
ロケではMacBook Pro単体の環境だが、スタジオではMacBook Proに30インチのApple Cinema HD Displayなどの外部ディスプレイを接続し、デュアルディスプレイ環境で撮影を行っている。Macで統一された杉山氏の撮影現場は、まるでプレゼンテーションルームのようだ。
「スタジオではMac Proを使うこともありますが、ケーブルに足を引っ掛けて不意に電源を落としてしまってデータが飛んだりするのを防ぐ意味でも、基本的に撮影用としてはMacBook Proを使っています。撮影現場で画像処理をしたり、大量の現像処理が必要な場合はMac ProとMacBook Proをネットワークでつなぎ作業をします。アシスタントがいつでも問題なく操作できるように、ロケでもスタジオでも環境は揃えておきたいですからね」。
35mmでの撮影ワークフローではMacBook Proだけでなく、ポストプロダクションツールのApertureも欠かせない。MacBook Proに転送した撮影データを粗セレクトし、レーティングしてスタック。ルーペや比較機能を使って絞り込み、現像後に画像編集用のAdobe Photoshopへ渡すまでをApertureで作業する。最初のバージョンからApertureを導入している杉山氏は、自身のワークフローにおける重要性をこう語る。
「ファッション誌のような人物中心の撮影を行う場合、縦位置のカットが多くなります。そこでカメラからMacBook Proに転送したデータを、縦位置に回転して使える外部ディスプレイでチェックしているのですが、縦位置表示にちゃんと対応できるのはApertureだけなんですよ」。杉山氏は、デュアルディスプレイ(セカンダリビューア)の設定が豊富な点にも注目している。撮影内容に合わせて表示環境を自由にカスタマイズしたいという、プロフォトグラファーならではのこだわりや要望にもApertureなら応えられるわけだ。

プレゼンテーションにも効果的なAperture
デジタル撮影が広まったことで、フィルムが一般的だった時代に比べて納品までの期間は短くなった。こうした流れの中でも「Apertureが作業の効率化に役立っている」と杉山氏は言う。
「スケジュールの関係上、クライアントがその日に写真を確認しなければならなかったり、明日入稿とか締め切り間際の撮影でも、Apertureがあれば撮影したその場でスムーズにチェックしてもらえます。編集者やクライアントに見せたいカットごとに何枚かセレクトしてスタックし、外部ディスプレイに表示するんですが、データの読み込みや表示のレスポンスが抜群にいい。プレゼンテーションツールとしてもApertureは効果的なんです」。
なお、撮影データは最終的にAdobe RGBのTIFFフォーマットで編集者や印刷会社に納品される。色見本も付けてはいるが、カラーマネージメントについては広告のようにアートディレクターに一任することもあれば、エディトリアルでは細かく指定する場合もあるなど、仕事に合わせて関係者間で方向性を確認し合いながら行っている。

バージョン1.5でApertureは飛躍的に進化
Apertureのスタックやルーペを使いこなしながら、Automatorのスクリプトと連携した自動化処理も模索している杉山氏に、日本語に対応したバージョン1.5の感想を聞いてみた。
「バージョン1.5は、とにかく機能が多いのがいいですよね。新しいルーペ機能や現像の細かいオプション設定とか、まさにプロ仕様といった印象。表示スピードも上がっていますし、MacBook Proのパフォーマンスと組み合わせるとバージョン1.1からは飛躍的に進化したと言えるでしょう」。
プロ向けツールとしてのApertureを高く評価し、ワークフローにも実践的に取り入れているだけに、今後のバージョンアップや機能強化にも期待を寄せている。「Aperture 1.5は、内容的には2.0と言っていいほどのバージョンアップだと思います。それを考えると、次のバージョンにも非常に期待できますね。35mmの撮影ではすでに役に立っていますが、今後は中判カメラへの対応もお願いしたいところ。これが実現すれば、すべての撮影のワークフローをMacBook ProとApertureの環境に統一できますからね」。

Macが広げるフォトグラファーの範囲と表現
MacBook Proをベースに、撮影用のUniversalアプリケーション、そしてApertureを積極的に活用している杉山氏は、プロフォトグラファーとしてMacやデジタルのメリットを次のように語っている。
「デジタルに移行してからは、高いクオリティのまま仕事の量もこなせるようになり、フォトグラファーとしての“範囲”が広がりました。ファッションフォトグラファーの場合、活動のピークは5年から10年ですが、僕はデジタルやMacを早くから導入したおかげで、新しい感覚を研ぎすませ続けることができているんだと思います」。
さらに「撮影後の作業で写真のレベルを上げたり、よりイメージに近づけたりできるのもMacの良さ。Macの存在が、写真を自由自在にしたんです」という杉山氏。Macとデジタルが可能にしたスピードとクオリティは、フォトグラファーの活動をサポートするだけでなく、写真の新たな表現を生み出す原動力にもなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です