電子書籍は紙媒体の書籍とくらべて、端末の普及率がまだまだなので誰もが読める訳ではありません。ただこの普及率は今後は絶対に高くなる訳なので、今後はもっと美味しいマーケットになると思っています。

杉山が出した「Kindelで写真集を出そう!」のような文章と画像が入っている電子書籍は、液晶画面が大きいiPadやタブレットを持っていないとちょっと読む事が難しいのですが、USの場合はパソコンでも読めるので問題がありません。

もし、日本でもAmazonがパソコンでも読めるようにしてくれていたら、どれだけ売上が増えたか残念に思っています。

電子書籍の場合、今現在はマーケットの大きさから言っても1000ダウンロードされれば、良い方だとは言われていますが、仮にリアルなA♡Bの人など有名人が出したとしたら10万ダウンロードもありうると思います。

100,000部x1,000円x70%=7000万

(ある方の本にはAmazonのロイヤリティが30%と書いてありましたがAmazonのロイヤリティは35%か70%です。)

この数字は、もちろんリアル有名人しか出せない数字ですが……

企画内容や、世界的に支持される写真集(WEB上で世界的に取り上げられた写真などであれば)

10,000×500円x70%=350万

くらいの方は今後出てくると思っています。

ロイヤリティだけの数字を見るとそれ程たいした金額ではありませんが、この数字を稼ぎ出す人であれば、世の中にブランディングができていますので、他の仕事の依頼が多くなり、複合的にはかなりの地位と収入を得る事になります。

杉山がかって、「Cupid note」の成功により、テレビのレギュラー出演の依頼があったりして、現在まで生きて来れたのはこの法則です。

そんな人のプロデュースもしていけたらなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.