G-SHOCKの全アジア/オセアニア向けの広告の撮影。このところ日本発のワールドワイドに近いものの撮影が多くなってきました。モデル料だけでもとんでもない金額になり、撮影料も割り増しだったりして、カメラマンとしては多いに頑張っちゃう仕事です。海外での媒体が決まっていないので、データは最大のものを用意しなければならないので、デジタルバックはリーフの2200万画素を使用しました。
商品が5色あるので、商品のカラーを反映させたビジュアルにし、モデルの衣装なども後処理で、商品のカラーに変えています。もちろん海外ブランド御用達のような感がある、肌テカ処理もしました。

fashion_0033 fashion_0034 fashion_0035 fashion_0036 fashion_0037

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください