3月26日の日経新聞朝刊に杉山が撮影した、ハウス食品の広告が1ページ(広告の用語では新聞15段と言います。段落15段分で1ページになります。)に、掲載されています。
一見すると、なんでもないような写真に見えますが、傾いた楕円の中にレイアウトされている写真は何百カットの中から、この傾いた楕円にきれいに、なおかつ、この広告の意味がわかるようにと、撮影、セレクトされた1枚なのです。楕円の太さ、傾き、そして文字とのバランス、アート・ディレクターのセンスの良さが光ります。ここ最近では難易度の高かった撮影の一つでした。と、言うのは、通常は四角のフレームの中で写真を構成しながら撮影しますが、傾いた楕円の中で写真を構成するのがこんなに難しいとは僕も思わなかったのです。

0116-house food

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください