他の方法も、もちろんありますが…..

Pubooで作成するのはリフロー型で、ビュアーの設定で文字の拡大縮小ができるので、文章中心、文章と写真が混在している電子書籍に適しています。Blog形式で作成できるのでHtmlの知識がなくても作成できます。

(画像は、端末の画面の天地左右ともに余白ができるので全面表示はできない。横位置画像を挿入した場合に写真が小さくなってしまう。)

http://p.booklog.jp/

Kindle Comic Creatorで作成するのは固定レイアウト型で、マンガ、イラスト集、写真集、絵本のような画像中心のKindle電子書籍を制作するのに向いています。文字中心のコンテンツには不向き。

(縦画像固定/横画像固定/縦横画像混在のいずれかが選択でき、端末の画面、縦横いづれか一方いっぱいに表示できます)

http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?docId=3077699036

ただし、どちらを使うにしても画像を扱う場合、画像の縦横のピクセル数を変えることができることが必要です。

ともにePub3に対応してないので縦書きの電子書籍は作成できません。

あと、でんでんコンバーター、Htmlが少しわかる方は、Sigil(ePub2)なども無料です….

有料なのですが、WINの方は一太郎2013玄がePub3対応で今のところイチバン良いのかも知れませんね。