日本広告写真家協会(APA)の会報誌で、「お仕事の貰い方」と題して、シミュレーションとしてプロフィールの作り方をプレゼンテーションをして欲しいとお願いされました。作品の選択からレイアウト全てをお任せということです。
自分で作品プロフィールを作るのって、なかなか難しい。撮影時の思い入れが強いから、自分の写真の善し悪しが客観的に見られないことがあります。

sugiyama+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.