昨年末に発売されたシイガイズ製超高速SDメモリーカード1Gを使ってみました。
というのも杉山昨年末よりキャノンEOS1Ds Mark2を使うことが多くなったのですが、一枚の写真のデータがかなり大きくなったので、CFカードを使ったり、PC接続をしたり、とにかくスピーディな撮影をする方法を探していました。
これまではPC接続をして撮影する方法が一番早かったのですが、ケーブル接続のための転送エラーや、キャプチャーソフトの不具合などで、データが壊れてしまっていたこととかがあり、メディア併用で撮影することにしました。このSDカードはX80速のCFカードの2倍以上の早さで、データを転送してくれて、EOS1Ds Mark2のバッファメモリの回復もとても早く、待ち時間のイライラをなくしてくれました。また、1GSDメモリーカードにおまけ?でついてきたSD-USBeanというカードリーダーが優れもので、今まで使っていたUSB2.0対応のカードリーダーの半分ほどの時間でパソコンにデータを書き込んでくれます。
プロで仕事をしているわけですから、スピードと安全性にお金がかかるのは、しょうがないですね。
C-guys HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください