■関西の方にお知らせ■

9/28(土)13:30〜 関西電塾にて「電子書籍で作品集を出そう!」セミナーを開催いたします。
電塾初参加の方は1000円だそうです。

詳しくは関西電塾ホームページから

http://i-digital.jp/kansai_denjuku/

9月チラシ

NOBUTSUGU SUGIYAMA – Amazon Worldwide

Amazon.com – http://j.mp/1aXjKf0

Amazon.co.uk – http://j.mp/19zsT9J

Amazon.de – http://j.mp/17QG0lT

Amazon.fr – http://j.mp/1e7DpLr

Amazon.es – http://j.mp/1cXAG3h

Amazon.it – http://j.mp/15LafyB

Amazon.ca – http://j.mp/15Lar0O

Amazon.co.jp – http://j.mp/17QGfNH

Amazon.com.br – http://j.mp/13yQJ4K

Amazon.com.mx – http://j.mp/15LauJW

Amazon.in – http://j.mp/17jXGXR

アップデートされた新しいバージョンの電子書籍を再ダウンロード

既に購入済みの電子書籍を再ダウンロードする方法をお伝えします。少々手間はかかりますが再ダウンロード申請をすることができます。

  • Amazonのサポートページにアクセスします。

Amazonサポートページ: https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/contact-us?

add020

線
続きを読む

Amazon KindleへのW-8BENを郵送していたのをオンラインだけで済むようなシステムに変更しました。

以下、その方法をお伝えします。

税に関する情報

  • Amazon KDPは米国企業なのでここで税に関する情報を入力します。
  • この「税に関する情報」は今まで米国納税者番号を取得した後、W-8BEN に必要な項目を記入後、Amazon に郵送しなければならなかったのをWEB上で手続きができるようになった新機能です。
  • 米国納税者番号(TIN) の取得前に入力することになりますが、取得後に修正することができますので今の段階では下記のように入力します。

線

「税に関する情報を登録する」をクリックします。

add001

Amazon KindleへのW-8BENを郵送していたのをオンラインだけで済むようなシステムに変更したようです。

下記はKDPのヘルプですが新しく追記されています。

https://kdp.amazon.co.jp/self-publishing/help?topicId=A1VDYJ32T5D3U4

既にアカウントを持っている方はKDPアカウントの「税に関する情報」をチェックして下さい。

Amazonでは、米国内の税申告に関する規制を順守するため、出版者様すべてに対し、オンライン上での有効な納税者情報の提出をお願いすることとなりました。
既にW-8BENをご送付いただいている場合も、詳細情報をアカウントに反映させるため、再度お手続きをお願いしております。
お忙しいところご面倒をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

続きを読む

ライブドアブログに電子書籍の個人出版を応援するサイトがあって、米国所得税を回避する為の米国納税者番号(TIN) の取得のことが書いてあったけど、みなさんとても苦労しているみたいです。
英語がまったくダメな人でもカンタンに取得する方法をしっかり教えちゃったのは杉山だけのようです。取得の為の代行業者に頼むと数万円もかかるそうです。
取得方法を知るだけでも500円はむちゃくちゃ安いと言う訳だ…..
それだけで杉山の本を買っている人もいそうです(笑)

そう言えば、KDPのフォーラムでも路頭に迷っている人いっぱい見かけたな。そんなに貴重な情報だったのなら5000円で売るべきだった……….(笑)

たまたま杉山が電話をした時にスパニッシュなまりのやさしい担当のおばちゃんが、「英語が話せない日本人が取得できる方法がないかなあ?」って聞いたら、上司と相談して、杉山の方法を教えてくれたんです。

英語がちゃんと話せない人からの対応がたいへんらしく、あちらにとっても少しでも電話での問い合わせを少なくしたかったそうです。

7月9日よりPubooでも「Kindleで写真集を出そう!」が発売されます。

PubooはPDF、ePub、Mobiに対応しているので、パソコンを含むすべてのディバイスで本書を読むことができます。
また、実はPubooならiOS,Android,Kindle端末を持っていない方でも電子書籍が制作できてしまうのです。

(期間限定で、より多くの方に利用していただけるようPubooでの販売開始しました。)

kindl

Pubooで購入→ http://j.mp/12SzKJS  販売終了いたしました。

Amazonで購入→ http://j.mp/1a5Nyq3

同じスマホやiPhoneで見る事ができる電子写真集でもアプリケーションと電子書籍は全く別のものです。

★アプリケーション→インタラクティブなカッコイ見せ方が出来る→プログラムはプロしか作れない→プロに頼むと数百万はかかる→ロイヤリティは70%→アプリの市場はアプリだけの激戦区でゲーム以外は100〜300円でも高いと言われている→ほぼ間違いなく制作費ほとんどが海の藻くずと化す

☆電子書籍→アプリのような見せ方はできない。カンタンに言えばPDFのようなもの→ロイヤリティは70%→制作は素人でも出来る→自分で作れば制作費も登録料もまったくタダ→出版社が紙媒体の本との価格差を大きくできないので電子書籍は制作費がほとんどかからないのに100〜1000円の価格のものがある→制作費がかからないので、売れただけ利益になる

電子書籍を出版社経由と自分で出すのとではどう違うのか?(例として1000円の定価のものが1000冊売れた場合)

★1000円-300円(30%Amazonなどのマーケット)-300円(30%取り次ぎ会社)-300円(30%出版社)=100円(10%著者印税)x1000冊=10万円

☆1000円-300円(30%Amazonなどのマーケット)=700円(70%著者印税)x1000冊=70万円

あなたなら、どちらを選びますか??

もし、これが世界的に話題を呼ぶような作品だとしたら、10000ダウンロードもありうるのではないでしょうか?
このような作品を生み出す人が絶対に現れると確信しています。
ただし、どこにでもあるような作品であれば100ダウンロードもされないのが現実です。

セミナー概要

書籍出版というと「自分ではできそうもない」「文章を書くなんて難しそう」なんて思っていませんか?

写真、イラスト、ネイルアート、ヘヤーカタログ、料理、手芸、ショップ・・・「画像中心」の電子書籍であれば、簡単に、そして言葉を越えて世界中に広めることができます。
本セミナーでは電子書籍をセルフ・プロモーションのツールとしてとらえ、そのノウハウをお伝えするものです。フォトグラファーの方はもちろん、モデルタレント、各種教室、ショップ経営の方にとっても有益なセミナーです。

日時・場所

2013年7月27日(土)13:30〜15:00 (入場:セミナー開始30分前)
渋谷セルリアンタワー11F GMO Yours(定員100名)
東京都渋谷区桜丘町26番1号セルリアンタワー(渋谷駅徒歩4分)http://goo.gl/maps/6sUUj

入場料:無料
お申し込みURL:http://selfpromotion.biz

※本セミナーは席数に限りがございますので、お申し込み多数の場合は抽選となりますので予めご了承ください。
※本セミナーのカメラやビデオカメラによる撮影、録音機材による録音はご遠慮願います。

講師

杉山宣嗣(スギヤマノブツグ)写真家

日本大学芸術学部在学中より、フリーランス・フォトグラファーとして活動し、1986年から5年間仕事の場を オーストラリア・シドニーに移す。帰国後、人物・ファッションを中心とした広告・雑誌・写真集・写真展等で活躍。最近ではタレント広告も多い。 また、テレビ・雑誌等でコメンテーターもつとめ、特別講師、講演会などもこなす。

書籍版写真集はもとより、CD-ROM写真集、iOS/Androidアプリ写真集、電子書籍写真集などを時代に先駆け発表し、2011〜12年に発表したiOS/Androidアプリ写真集「COSPLAY SHOWCASE」は書籍版写真集としても発売。また写真展を東京で2度、オーストラリアのJapanExpo、台湾(7/2-8/11開催中)、と開催の場を拡大している。さらに他国からのオファーも来ている。

続きを読む

最近本屋に行くと雑誌が薄くなってしまったのが、さみしい….
以前は電話帳(死語?)ほどの厚さがあった雑誌があまりにも薄い….

じゃあこれからは、みんな電子書籍になるのかと言うと日本ではそうでもなさそうだ。
日本の電子書籍市場はあまりにもいろんな会社が中途半端に参入しすぎたせいでプラットフォームもバラバラで混迷を極めている。

そんな中で、今後はセルフパブリッシングの勢力が大きくなると、その道の見識者達が言っています。

写真家でなく、電子書籍評論家になりそうな今日このごろの杉山です。
でも、電子書籍市場のことまでは語れませんから….(笑)