実はオーストラリアに2週間ちょっと行っていたので、連載をしているHappieの撮影を11月号なのに、8月に撮影していたんです。撮影当日はピーカン(お日様ギラギラ)、夏一番の暑さの中、砂漠&断崖絶壁での撮影でした。体感温度が40度を越すような暑さでヘトヘトになりました。
特殊なライティングとデジタル処理によって、冬景色?になりました。

2000_11p_1 2000_11p_2 2000_11p_3 2000_11p_4

 

「かさねて、かさねて!」と言うことで、重ね着ファッションの特集です。原宿にあるカラフルな内装のお店での撮影。リング・ライトと言うカメラのレンズの周りにリング状にになったストロボを使って撮影しています。このライトは陰が人物の輪郭に沿ってできるおもしろい効果を出してくれます。カラフルな洋服とお店の組み合わせで、とってもにぎやかな写真です。にぎやかな背景、ファッションにはモデルの無表情さが生きてきます。

2000_10p_kera_0001 2000_10p_kera_0002 2000_10p_kera_0003 2000_10p_kera_0004

しっとりとした美しい肌を撮る仕事です。HP上ではそのトーンを見ることは難しいですが、肌の質感をいかに美しく見せつつ、カッコイイ写真にするかがポイントになります。BEAUTYの場合の特別なライティングというのは、夏物以外は、かなり柔らかい光を作って撮影します。今回の場合、午前中のお部屋のレースごしの窓からさしてくる光をイメージしています。

2000_076 2000_075 2000_077

グラマラス、セクシーをテーマに撮影。1年程前からのHappie副編集長、山田女史のリクエストに応えてのラブホが、ロケ現場です。かなりレトロなラブホですが、ここを見つけるのに一苦労。
撮影も部屋が狭いため、かなり手こずりました。しっとり感を出すため、ライトはキノフロと呼ばれる蛍光灯を使った照明器具を使っています。

2000_10p_1 2000_10p_2 2000_10p_3 2000_10p_4

 

沖縄サミット中の羽田空港周辺は警察の警戒態勢が引かれていました。そんな中、ケラの撮影は行われました。発電器を使い大型ストロボでライティングしています。風景をはっきり出すためストロボを強く当てています。写真に写っているソファーは編集部の片隅に置いてあったものを小道具として使っています。

2000_9p_kera_0001 2000_9p_kera_0002 2000_9p_kera_0003 2000_9p_kera_0004 2000_9p_kera_0005 2000_9p_kera_0006

ニュートラ大作戦というタイトルでMISSION IMPOSSIBLEを気取ってスパイ物語にしました。撮影はヘリポートを使って女スパイの対決風にしてみました。
もっと、詳しく撮影内容をご覧になりたい方は、HPのガールズ・フォトテクのページを見て下さい。

2000_9p_1 2000_9p_2 2000_9p_3 2000_9p_4

 

約一年ぶりのKINKI-KIDSの撮影。歌にドラマに大忙しの二人が、スタジオに入ったのは午後6時。朝から生放送の収録があったりで、クタクタの状態であるにもかかわらず、良く頑張ってくれた二人でした。「夏の王様」と「もう君以外愛せない」がヒットチャートのベスト・スリーに入っているので、撮影中にCDをかけてみました。案の定、二人とも恥ずかしそうにしていましたが、その照れ笑いが狙いだったので、良い写真が撮れました。ジュノン8月号に掲載です。

雑誌Happieの撮影で、九十九里の波乗り道路付近での撮影です。アメ車を海岸沿いの道に持ち込み、60年代のロック・シーンをイメージして撮影しました。
梅雨シーズンにもかかわらず、この日だけは快晴。撮影は快調に進み、なんとか60年代アメリカ西海岸の雰囲気が出せました。大道具のアメ車は62年もので、小道具のギターもカセットデッキも60年代ものを使いました。
青空をくっきり出したかったので、順光(モデルに太陽光がダイレクトにあたる)で、日中ですがストロボを強めにあて撮影しています。カメラは中型のモノを使ったので、ストロボも大型のものを発電器で使っています。

2000_8p_1 2000_8p_2 2000_8p_3 2000_8p_4

 

突然撮影の以来が舞い込みました。杉山があまり良くは知らない原宿系ファッション雑誌からです。
洋服が7ブランドあり、それぞれが独自のスタイルを持っていて、ゴシック系、ロリータ系、フューチャー系、ロック系、パンク系などなど、とてつもなくバラバラで、なおかつ、ブランドのデザイナーがイメージした「つけ爪」がわかるようにと言う注文で、スタジオで撮影することになり、どう撮っていいまのやら、さすがに今回は困ってしまいました。
なんとか、特殊なライティング・テクニックとデジタル・ワークで乗り切りました。いかがでしょうか?

2000_1_kera_0002 2000_1_kera_0007 2000_1_kera_0001 2000_1_kera_0003 2000_1_kera_0004 2000_1_kera_0005 2000_1_kera_0006

 

 

やっぱり梅雨です。初日が晴れただけで2日目は午後から暗い曇り空、3日目からはとうとう雨が降り大変な撮影になりました。
天気が良くなるまで待ちたいのはやまやまですが、この梅雨のシーズン、待っても晴れるかどうかなんてわかりません。雨が降ってもビニールテントの下で撮影しました。
撮影風景の写真でわかりますが、4メートル四方の巨大なビニールシートの下に杉山とモデルがいます。他のスタッフは傘をさしています。どんな悪条件でもなんとか良い写真にするのが、プロの仕事なのです。

2000_06_19_0007 2000_06_19_0009 2000_06_19_0011