大先輩の写真家、加納典明さんの写真展にお伺いしました。

17年ぶりのツーショット….
実はテレビ番組で半年程ご一緒していたことがあるんです。

写真集も2冊購入しました。

今月はいろんな方の写真展にお伺いしたなあ,….

tenmeisan01 tenmeisan02_book

神奈川県警本部/生活安全総務課に聞いてみました。
日刊ゲンダイの記事の書き方に問題があるようです。

卑わい行為として、人の下着もしくは身体(身体と言ってもパンチラや胸の隙間などの事)男女問わず….
の撮影をした場合は、迷惑行為防止条例に触れる事になりますが、
街中での撮影行為が、条例に触れるものではないと回答いただきました。
いわゆるスナップ写真が条例違反ではないとの事です。
また、この条例は肖像権の侵害をうたっているものではありません。
今回の逮捕は詳細はお聞きしていませんが、ただの「着衣の全身撮影」ではないようです。

どちらにしても、街中でのスナップ撮影は、トラブルになる場合もありますので、もし万が一そう言った場合は、撮影した画像を消したりしないで、毅然とした態度で「卑わい行為」での撮影でない事を訴えましょう。

スナップ写真はその作品の性質から事前に許可を取って撮影することが難しいのですが、出来る限り許諾をいただくようにすることも必要です。
勝手に自分の写真を撮られるのは誰でもよい気持ちではないですよね….

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/153003/1

Amazon KDPをご利用いただき、ありがとうございます。

本日は、新たに提供を開始するKindle読み放題プログラムについてご案内します。Kindle読み放題は、米国の読者向けの新しい購読サービスであり、KDPセレクトに本を登録している著者の皆様にとっては新たな収益の機会となります(日本の読者向けには対応しておりません)。Kindle読み放題プログラムの契約読者は、600,000冊を超える対象タイトルの中から好きな本を何冊でも読むことができます。KDPセレクトに登録されている本のうち、米国で販売する権利のあるものはすべて自動的にKindle読み放題プログラムの対象となります。

KDPセレクトにご登録の著者および出版者の皆様は、本がダウンロードされた時点ではなく、Kindle読み放題プログラムの対象タイトルの中から本が選択され、その10%が既読とされるたびに、KDPセレクトグローバル基金の分配金を獲得することになります(10%という数字は、Kindle本の無料サンプルのページ数に基づきます)。読者がその本を初めて10%既読とした場合のみをカウントするという点は変わりません。

KDPセレクトにご登録いただいた本は、これまでどおり、米国、英国、ドイツ、フランス、日本のAmazonプライム会員向けサービスであるKindleオーナー ライブラリー(KOLL)の一部となり、KOLLから本が貸し出された場合には、その有効貸出数に応じて著者の皆様にKDPセレクトグローバル基金の分配金が支払われます。KOLLの貸出については、従来どおり、本が最初にダウンロードされたときに貸出としてカウントされます。

この7月にグローバル基金を8,100万円 増額しましたので、7月の基金総額は2億260万円となります。

KDPセレクトとKindle読み放題プログラムをぜひご活用ください。タイトルを KDPセレクト に登録するには、 KDPの「本棚」の「利益の管理」をクリックしてください。

お客様により満足していただけるサービスをご提供できるように努めてまいります。今後ともKDPをよろしくお願いいたします。
Kindleダイレクト・パブリッシングチーム

最近バッテリータイプの大型ストロボが各種発売されています。バッテリー性能が良くなって来たので、発行回数も充電時間も以前に比べて格段の進化を遂げている。
ただ、ちょっと注意しなければいけないのは、バッテリー以外のAC電源でも使用可能かどうかを確認しておいた方が良い。
と言うのはバッテリーだけしか使えないタイプの場合は、AC電源の確保ができるところであってもバッテリーのみなので、発行回数に制限があるわけです。電源確保できるところはACで、そうでないところはバッテリーでというのが理想です。AC接続時は充電しながら使える…というのが良いですね。
もう1つ、大型ストロボの場合モデリングライトがあるので夜間でも撮影できるのですが、このモデリングをず〜っとつけっぱなしにしておくとけっこう電気を食うため、さて本番のストロボの時にバッテリー切れなんてこともあり得る訳です。 続きを読む

IMG_0247

最新のIQ250とMacBookPro-OS10.9

ハイエンド・デジタルバックのPhase Oneも刻々と進化をとげている。その画素数の増大とともに、パソコンとの連結撮影(テザー撮影)においても変わって来ている。
画素数が大きくなることでの1ファイルあたりの容量も大きくなってはきたが、CFカードの高速化とFirewireやUSB3.0の通信速度の高速化によりその進化に対応している。

MacBookProも数年前のデスクトップタイプのMacProに匹敵する早さになってはきているが、ここで問題なのは、FirewireがなくなりThunderboltに変わったことと、パソコンの消費電力を抑える為に以前程、FirewireやUSBに電源供給をしていないことが問題になってくる。 続きを読む