「プロとして必要なカメラ機材について教えて下さい。最低限必要なものはなんでしょうか?」
「杉山さんはどんなカメラを使ってますか?」…….等々

ブログ更新しだすと、こういった質問がくるようになるけど、質問するのは簡単だけど、答えるのってなかなかしんどいんですよ〜。
以前、デジタルに切り替わる頃は杉山自身も、機材の情報があまりなかったので、自分でテストしたりしたものをブログで公開していましたが、最近はあちこちでいろんな方がインプレッション等書かれているので、そちらを参考にしてもらった方が良いかな?とも思います。
とは言っても、質問されたことにはお答えしましょう。ただ、杉山の言うことが絶対ではないのでご自分でも調べて下さいね。
取材カメラマンとそれ以上のカメラマンを目指すのではかなり違ってくるし、お金がある人はいくらでも良いモノを揃えれば良い訳ですから、まあ、それ以上のカメラマンを目指す人で、お金はないけれど最小限必要なモノと言うことでお答えします。

まず、カメラについてはキャノンでもニコンでも良いと思いますが、フルサイズのカメラが良いと思います。Canonで言うと5DMarkⅡ。ムービーも撮れるのでやっぱりお勧めですねえ。(ひょっとしてもうすぐMarkⅢになるかもしれませんので、購入時期には注意して下さい。)

レンズはLレンズのEF24-70mm F2.8L USMもしくはEF24-105mm F4L IS USMのどちらか1本。(安価なレンズもありますが、きれい&長く使えるのはLレンズ)他の単焦点レンズももちろん良いのですが、標準ズーム1本あれば、まず殆どの仕事はこなせます。そのうちEF100mm F2.8Lマクロ IS USMとかのマクロレンズがほしくなるかもしれませんが….がまんすればマクロはエクステンションチューブで代用することもできます。

カメラ以外にパソコンも必要です。MacBook Proの15インチもしくは13インチ。Mac Proも欲しくはなりますが、撮影に持って行くことを考えてとどちらか1台ということになるとノートを選ぶべきです。今はMacBook Proでもほとんどのレタッチや合成作業は充分こなせます。これにナナオのAdobe RGBカバー・IPSパネルのColorEdge CG243Wあたりがあれば言うことなしです。(CG245Wはよく知りません)レタッチするときや撮影時にクライアントがいる場合はノートだけでなく外部モニターも必要になると思います。
キャリブレーターについては良いモノを買った方が良いのだけれど、高いので誰かに借りたりできればいいんだけど….以前アシスタントしてたヤツは、未だに杉山のところに借りに来ます。(笑)

細かいことを言えば、カメラまわりだと露出計(フラッシュメーター)や三脚、パソコン関係だと外付けHD、インターネット環境は必要です。
今、雑誌の仕事では上記の機材についてはほとんどのところが請求ができないので、自分で所有してなくてはなりません。大型ストロボについては今のところレンタルしても請求させてくれるところが多いので安心して下さい。

う〜ん、あっという間に100万円いっちゃうねえ。デジタル時代のカメラマン、お金かかりすぎだから、目指すの止めた方がいいのかも??

追記、そう言えばPhotoshopとLightroomも絶対いるかも。

Twitterってすごい。10年?程前に良く撮影で一緒してたモデルのMALIAを知人のフォローで見つけた。
つぶやいたらすぐに返信があって、繋がっちゃった。
今現在の彼女の肩書き、Anela CEO/Designer Model,Mother、ますます活躍してます。

MALIAオフィシャルブログ

モデルのMALIAとTwitterで繋がって、10年前のいろんなことを思い出す。その頃、杉山はPARCOやISETANの広告や雑誌で大人モードバリバリのファッション写真をやっていて、ちょっとつまらなくなってきた時期だった。「ギャル」や「原宿系」という言葉が出てきた頃で、彼女たちのパワーがとてもまぶしくて、相反するトレンドの中心の「Happie」と「KERA」で連載を始めた。大人ファッションでは自分勝手な写真は許されなかったが、若いエネルギーをもらって毎回好き勝手な写真を撮らしてもらった。
ギャル系写真   原宿系写真
その時の撮影日記をアメリカから日本に入ってきて間もない「PhotoHighway」にも寄稿した。
ガールズ・フォトテク
いくつになっても若いエネルギーを吸収して、最前線に居続けることが大切だと思う今日この頃です。

追記
「Happie」で良く一緒に撮影していたモデルちゃんの中に
「MALIA」「臼田 あさ美」「佐藤 幸子」「青木 裕子 TBS」、たちがいる。みんなそれぞれの世界で活躍している。

EXILE AKIRAさんを自然光スタジオで撮影。何度も撮影させていただいているのですが、毎回本当に丁寧な対応をしていただき恐縮してしまいます。ホントにいい人なんです。新しい映画の話なんかも聞けちゃって、ちょっと得した感じです。

iPadが発売されたのを受けてホームページのFLASHを使っているページのHTML版を作りました。時代に逆行する事しなきゃならないのは困ったもんだ。一刻も早くFLASH対応させてくださいAppleさん。

LEICA S2は、CCDサイズが30x40mmで3750万画素。PENTAX 645Dは33x44mmで4000万画素。PENTAXの方がCCDのサイズ、画素数ともに若干大きい。

どちらもハイエンドというわりにはPHASE ONEやHasselblad、LEAF等とは違い、バッファ(処理速度や転送速度の差を補うためにデータを一時的に保存しておく記憶装置や記憶領域)タイプで、連続撮影がLEICA S2の方が確か杉山の記憶では7コマだったか9コマ(メーカーでは公表していない)、PENTAX 645Dで約13コマ(正直に公表している)で、35mmタイプと同じようにバッファがいっぱいになるとシャッターがきれなくなる。どのくらいであれば我慢できるかは、撮影内容にもよるが杉山のようにバシャバシャ、シャッターをきるフォトグラファーにとってはPENTAX 645Dの方の約13コマはともかく、LEICA S2は我慢できないだろう。

もう一つ問題になるのは、通常、広告やファッション、タレントの撮影では、必ずといって良いほどパソコンに繋いでテザー撮影(連結撮影)して、撮った画像をすぐさまスタッフとチェックしなければばらない。現段階では両機種ともテザー撮影ができない。今後、Captureoneが両機種をサポートしたり、AdobeのLightRoom3あたりがテザー撮影機能を搭載してくるので、そちらにたよるのか(スピード的には期待できないと杉山は思っている)、自社でしっかり開発してくれるのかが問題になるところだ。
ひょっとして、iPadでカメラの液晶モニターをミラーリングできるようになれば、我慢できるかとも思ったりするが…….

レンズについては、LEICAはファインダーを覗いたときのクリアーさは今までに他のカメラでは見たことがない程きれいで、さすがLEICAと言う感じ。PENTAXは645、67の旧レンズも使えるところが、消費者目線で庶民的??。今後両機種とも高速シンクロができるレンズシャッターを出してくるとは思うが、(LEICA S2については一部発売)早い内にレンズシャッターのレンズのラインナップが欲しいところだ。

両機種の価格差はかなり違うので、購入する動機がまったく違ってくるような気がする中盤2機種だ。
先陣をきっていたMIMIYAが新機種を出してくるのかどうかもちょっと気になる。ZDの二の舞だけはやめて欲しいと思うのは杉山だけではないと思う。

参考までに価格です。とってもお高いんですよ。
LEICA S2 ボディのみ標準価格(税込):S2 Black 2,625,000円 S2-P Black 3,150,000円
PENTAX645D ボディのみ標準価格(税込):オープンプライス 750,000円~900,000円
PHASE ONE P65+ デジタルバックのみ標準価格(税込):6195,000円

TWITTER関連のサイトがいっぱいできてしまって、どう管理して良いのかわからなくなりそう。
iPhoneで写真を撮るサイトなどもできてしまったし、どう使い分けをしたらよいのやら??
「 twitpic」と「tumblr」は同じようなものだからどちらかに選ぶことになるのだけれど、
どっちがよいのでしょうかねえ?
「tumblr」ちょっとバグがあるようだけど…..

 

twitter

twitpic

tumblr