「デジタルフォトへの道」なんて書くとちょっと偉そうなんですが、良く「いつ頃からデジタルをはじめられたのですか?」っていう質問をいただきます。
実は何年か前に日本コロムビアからCD-ROM写真集『LOVERS』というのを出していまして、それは僕の撮った外人、日本人カップルの写真に松任谷由実さんの楽曲をつけたCD-ROM写真集なんです。
さすが音楽業界の方達はデジタル化が進んでいまして、同じ部署でCD-ROM制作だけでなくホームページ制作もしていて、グラフィックデザイナーの方もすでにMacで作業をしていらっしゃいました。で、画像処理なんかもMacでしてるんです。
それとCD-ROM写真発売と同時期に日本コロムビアのホームページ内に杉山のサイトを作ってくれたんです。今のこのホームページはそこからの発展系?(コロムビアにあった時の方がアーティストっぽくてカッコ良かったかも?)当時カメラマンでホームページを持っていたのは、(それも本格的なもの)杉山が初めてだったのかもしれません。
そこからデジタルフォトやホームページにはまっちゃったんです。コロムビアの方々に会わなければ、デジタルフォトに開眼するのももっと遅かったと思います。

昨日の続きです。
その当時、最年少で日本広告写真家協会会員になる。(これもちゃんとした入会年度がわからなくなってしまってるので、今度協会に行って調べてきます)会合などに参加すると、いっぱい著名な写真家の方々がいたので、いつも緊張していたのを覚えている。
1986年に初の個展「SPIRITUAL MOMENT」(卒業制作から始まって、写真雑誌で連載していたシュルレアリスムのヌードシーリズ)をコダックギャラリーで開催。(当時は銀座並木橋の路面にあり、メーカー系のギャラリーではダントツの人気があった)
実は開催の前に友人のオーストラリア人のイラストレーター(オーストラリアではかなり有名だった)を訪ねて、1ヶ月程機材とBOOKを持って遊びに行っていたのです。彼の紹介で現地のファッション雑誌の仕事をさせてもらい、その仕事を気に入ってくれた日本人びいきの出版社社長の「ビザの世話をしてあげるから、うちにこないか?」の一言で、オーストラリア行きを決めたのです。で、写真展開催の挨拶のときに集まった人にオーストラリア行きを宣言し、開催終了1ヶ月後にはオーストラリア、シドニーに旅経ちました。 続きを読む

う〜ん、突っ込んできますねえ。あまり具体的に書いちゃうと「杉山って、ただラッキーなだけじゃん!」って言われそうで怖い。(笑)
まあ、でもほとんど同じような質問を毎回されることが多いから、インチキ自叙伝みたいだけど自分の半生(反省?)も含めてかいつまんで書いてみます。
岐阜の田舎で育ったヤツがマグレで日大芸術学部の写真学科に合格しちゃったので、上京したんです。東京は田舎では体験したことがないような毎日でした。大学には芸能人もいっぱいいるし、先輩や東京人はみんなかっこいいし、何でも知っている。で、写真学科と言えば、写真キチガイがいっぱいいて、なんかのフォトコンに入賞したヤツとかが結構いて、話している写真用語が杉山にはまったくわからない。まあ、写真やカメラのことをほとんど知らない田舎者には、カルチャーショックと自身喪失の毎日でした。
で、こんなことではイカンと奮起して、自分にためになりそうな先輩を見つけては金魚のフンのようにくっついていました。某有名作詞家の甥っ子の先輩には写真のことやら芸能界のこと、いけない遊びまでしっかり教えていただきました。ただいつも強く思っていたのは、とにかくいろんな人に会い、何かを吸収しようというハングリーさと、すぐに実行する、それも徹底して。すべての経験を写真に繋げる。
大学2年生くらいになると1年をどう過ごしてきたかが、はっきりと表れてきました。入学当時のただの写真キチガイではなく、本当に一生懸命写真をやってる連中が頭角をあらわしてきました。ライバル心は隠しつつもあいつには絶対負けない、信念ですね、これはもう。写真作家の大坂 寛さんなども同級生でライバルだね。
そうこうしているうちに、自分も頭角をあらわすことになります。まあ、女の子と付き合えば、その子はもちろん僕の専属モデル。撮りたいもの何でも撮っちゃいます。(ちょっと危ない発想ですが..)大学2年の終わり頃には50人近くの女の子のヌード作品持ってましたから。 続きを読む

「写真のもつ魅力は?」と言う質問を多くいただきます。
写真の道??
それ程よく考えた末での決断なんてものじゃないんですよ。カメラマンなんて仕事もいいかな?って言うくらいの気持ちでした。何となく美術系の大学にいきたいななんて思っていたんです。まあ、合格した大学が写真の学校だから、そこに入れば必然的に写真をはじめることになったということでしょうか?
だいたい岐阜の田舎で小中高をすごし、中高なんてサッカー部で、高校なんて国体選抜に入っちゃたものだから毎日毎日バリバリの体育系でした。だからかもしれないけれど美術系にはとても憧れてたりなんかして….僕の行っていた高校ってのが田舎では珍しく公立なのに美術科と音楽科があって、(そういえば映画監督の篠田正浩さんやアーティストの日比野克彦さんは同じ高校です。加納高校っていうんですけど。)「あいつら楽しいそう!」って思っていました。そんなもんです動機なんて。
僕も若い頃だったから、動機は単純だし、何も知らない田舎者って感じでしたよ。
大学に入ってから、負けず嫌いが幸いして、あれよあれよという間にドップリこの世界に入り込んだんです。人一倍、写真の事は考えていたし、写真も撮っていました。いくつか賞を取って、いろんな人と知り合ううちに在学中から仕事を始めちゃって、結構稼ぎが良かったので、就職がばかばかしくなってしまって、ず〜っとフリー。22才位の時には事務所も原宿、アシスタント付きになっていました。
写真の魅力??
なんだろう?自分がやってきたものが形に残る事かなあ?絵とか彫刻ななんてのもそうだけど・・・
自分を表現する?って言うほどではないけれど、なんだか、写真を撮るのは今でもすごく楽しいですよ。
あまり質問の答えになっていない感じがしますが、とにかく、他のアートよりは簡単に入っていけるところがいいんじゃないかな?

専門学校の写真コースでの講義です。生徒は約60名で講義とスタジオでのモデル撮影実習をしました。この4月に入学して初めて写真を本格的に取り組みだしたばかりの生徒達です。講義では一生懸命メモをとる姿も見られ、やる気を感じます。
スタジオ内に二つのセットを組み、一方はストロボを使ったライティング、もう一方はタングステン・ライトを使ったライティングがしてあります。各自2〜3分程の短い時間しか与えられていない中で、みんな頑張って撮影していました。モデルに次々にポーズをつけるところなど、なかなかこれからが楽しみな生徒達です。質問も次々と飛び出し、杉山も答えるのにとても大変でした。
この中から将来、有名なカメラマンになる人が出てくるのを楽しみにしています。みんな、頑張って下さい。

2000_06_17_0006 2000_06_17_0007 2000_06_17_0041 2000_06_17_0054


「私は今大学4年生で就職活動中です。ところで、私まだ就職に対してしっかりと考えられてません。
写真に興味があるのは事実だけど、ただコンパクトカメラで撮ってるだけ。
写真集は作って、(自分の写真をカラーコピーして作った写真集が6冊ほどある)
みんなに見せては「いいやん!」と褒められはするけど、それを売り込めることなんてできるわけない。アシスタントから始める、、というのはよく耳にしますが、
実際にそうなのでしょうか?私は京都在住なのですが、真剣に写真に携わって
いきたいのなら、東京に行くべきなのですか?写真に携わる、、ということで、私が考えた業種は
”印刷会社”なのですが、そこからの可能性はありますか?」

印刷会社にもよると思いますが、そこには写真部?のようなセクションがありますか?ないのなら、本当に写真をやりたいのなら、写真に直接ふれるところに行った方が良いと思います。カメラマン?写真家?としてやはり携わるべきだと思います。東京が一概にいいとは言えません。京都の事は良くわかりませんが、大阪にも写真部がある広告代理店やプロダクションはあると思います。
アシスタントから始めるというのが一般的ですが、僕は大学で写真を勉強?しましたが、学校は学校って感じで、友達作り以外はあまり為になったのかどうか未だに良くわかりません。それ以外は独学で、アシスタント経験も就職経験もありません。 続きを読む


「どうやって器材の新情報を集めてますか。」
「パソコンはMacを愛用されている様ですが、カメラやフイルムは何をメインにお使いなんですか?お仕事柄中判をお使いなのでしょうか?」

等の質問をいただきましたので、お答えいたします。
まず、機材等の新情報ですが、カメラ関係は雑誌では月刊コマーシャル・フォト(玄光社刊)からで、あとはフィルム・メーカーやカメラ・メーカー、現像所、その他の機材関係の会社からのDMでしょうか。パソコン関係は不定期ですが、気が向いた時に買うマック関係の雑誌です。
機材については、下記に記載します。
そんなに機材は持っていませんよ。
<コンピューター機材>
マッキントッシュ:G4 Mac 400 /Power Mac 7200/ Performa 5210
ウインドウズ(全てノート):FMV BIBLO / VAIO
周辺機器:外付けハードディスク10G / 230-MO/640-MO / CDRW / フラッドヘッド・スキャナGT9500/GT7600 / フィルム・スキャナQS35 / プリンタPM3300C/PM750/レーザープリンタ 他 続きを読む

フォトグラファーは、どんな1日を過ごしているのですか?と言う質問をいただきました。撮影が毎日あるわけではありませんが、それ以外にもやらなければならないことが、たくさんあるのです。
例をとって、杉山のこのところ10日間のスケジュールをお見せしましょう。かなりの重労働でしょ?ほとんどこんな毎日を過ごしています。主食ファースト・フードになっているような気がします。(笑)

(日)13:00 神楽坂、出版社集合。ヘア・メイク開始。
15:30 出発。
16:30 撮影現場到着。
17:30 芝浦付近にて、雑誌Happie ファッション撮影、夜のシーンのロケ。

21:30
22:00 解散。
22:30 原宿、現像所。
23:00 帰宅。 続きを読む