杉山初めて「コミケ」と「となコス」見学してきました。話には聞いていたけれど、動員数半端じゃなかった。今日は初日で平日だから、土日の混雑って恐ろしいことになるんだろうな。

「コミケ」の方は本来「コミックマーケット」が主体なのでコスプレイヤーさんたちはそれほどでもないのかと思っていたら、東側の庭?全部と西の屋外展示場に、コスプレイヤー広場なるものができていて、そこにはコミケ会場内よりも人だかりができていた。
コスプレイヤーさんが1人ずつ間隔をおいて立っているのだけれど、その周りは男性カメラマンだらけ….ほとんど一眼デジ中級機から上級機のオンパレード。コスプレイヤーさん1人に数十名って感じです。なんだか記者会見状態。
この現実、カメラメーカー知ってんのかっ!!っていうくらい杉山驚きました。多分、カメラ台数が一番集まるのはこのイベントだと断言できる!!どう低く見積もっても何千単位のカメラ台数なのは間違いない。熟年のカメラファンもカメラ女子もいいけど、ここにもすごい数のカメラファンがいるんです。
最近全然人が入らないカメラショーにコスプレイヤーさん呼んだら良いのにと思ってしまう。

「となコス」の方は外光が入る1800人?収容のTFTホール全館で(今日はあいにくの曇り空なのでちょっと中は暗かった)一眼デジ上級機を手にしたカメラマンxコスプレイヤーの撮影、一眼デジ初級機を手にしたコスプレイヤーxコスプレイヤーの撮影で、隙間がないくらいの混雑です。丸いレフもあちこちで見かけ、こっちはかなり本格的な撮影会風です。コスプレイヤーの3人に1人の割合で一眼デジ持っていたような感じだから、ひょっとして「コミケ」より「となコス」の方が一眼デジ普及率高いのかもと思ってしまう。

どちらにしても杉山が今まで見てきた中で、1つのイベントでこれほどカメラを見たのは初めてです。というか「コスプレイヤーがいるところ一眼デジ有り!」って感じなのでしょう。

コミケ東側の庭

IMG_1435 IMG_1444 IMG_1449

 

群衆の写真の肖像権上の問題はないという観点から掲載してしまいましたが、コスプレイヤーさん的なルールにのっとり、参加者の方々の顔にモザイクをかけさせていただきました。配慮が足りず申し訳ありませんでした。

先日のパントン・ヘキサクロームでのカレンダーが第60回全国カレンダー展で、審査員特別賞と日本印刷産業連合会会長賞の2つで入賞しました。6名のカメラマンの作品を使っての団体戦?カレンダーなので、1/6?の受賞ですね。どんな賞なのか良くわかりませんが何はともあれ受賞というのは結構なことです。個人名で立派な賞状が届いたのには驚きました。(笑)

港区南青山にある「ふくい南青山291」にて、『パントン・ヘキサクローム・コンソーシアム』主催によるワークショップ&展示会が開催され、その中の”6 colors X 6 photographers Exhibition 2008 Tokyo”に杉山も参加しました。
タイトルがとても長い(笑)のですが、『パントン・ヘキサクローム』というのは簡単に言うと、CMYKにオレンジとグリーンを加えた6色印刷のことで一般の4色印刷よりも高色域まで再現ができる印刷方式です。
今回はB1カレンダーで展示されました。

パントン・ヘキサクローム・コンソーシアム ワークショップ&展示会 2008 東京 レポート

LIVE撮影スタジオにお越しいただいた方々、誠にありがとうございました。
いやあ、セッティングをするのに1時間もなく、リハーサルなしのブッツケ本番はなかなかシビレました。
前半のペースがややゆっくりし過ぎたので、後半がマキマキで、早足&言葉不足のデモンストレーションになってしまったこと、来て頂いた方々には申し訳なく思っています。
PhaseとLeafを撮り比べること自体難しいのに、30分の時間は短すぎました。近いうちにお話できなかったことや、実際の画像比較など、このブログで掲載してみようかと思っています。
それより、「ちゃんと更新しろ!」って、・・・・すみません、2ヶ月更新してなかった。

先週にBootCampのアップデートがあったり、他のソフトでの新発見があったり、たいへんな内容のセミナーを引き受けてしまったなあ。なんて思ってはいましたが、なんとか各方面からもそのあたりの確認、了承をセミナー前夜までにはとることができました。
アップルストアでWindowsを動かしたのは、全世界で初めてということで、携帯写真集に引き続き、2度目の世界初です。(こんなこと何の自慢にもなりませんよねえ)
WindowsでCanon-EOS 1DsMk2と5D、
OSXでUniversal対応のLeaf-Aptus75、Phase-P45、
Capture One ProでCanon-EOS 1DsMk2と5D、
それぞれがガンガンのスピードで撮影できるのをみなさんに見ていただくことができました。
普段、僕の撮影でこんなことをするはずもなく、検証マン??でもないので、問題なくDEMOができてホッとしました。
結局、いくつくところは、Universal対応のソフトがそろえば、MacOSが最強だということを実証する、Appleさんにとって、おいしいセミナーになってしまいました。(笑)
そういえばCanonが近いうちにUniversal対応する噂を聞きました。ホント??
DEMOの時にステージから5Dで撮影した会場風景

phase-00049

Monthly ProPhoto:フォトグラファーのMacBook Pro実践活用術
プロフェッショナル・フォトグラファーのための月刊誌「コマーシャル・フォト」主催によるマンスリーイベント。今月のゲストはフォトグラファーの杉山宣嗣。撮影のスピードアップを追求している彼が、撮影現場での実践的なMacBook Proの使いこなしテクニックを公開します。
8月22日(火)6:30 p.m.
<内容>
ファッション雑誌や広告で活躍しているフォトグラファー 杉山宣嗣氏。
杉山氏は撮影のスピードを追求するため、WindowsとMacを使い分けていますが、最近は両方のOSを利用できるMacBook Proで撮影を行なっています。
35mmデジタル一眼レフ(EOS-1Ds Mar II)の場合はWindows XPで、中判デジタル(Leaf)の場合はMac OS X で撮影するなど、撮影現場での実践的なMacBook Proの 使いこなしテクニックを公開します。

コマーシャルフォトとアドビ が主催するデジタルフォト & デザインセミナーに行ってきました。あまりセミナーには参加したことがなかったのですが、自分もセミナー講師をするようになって、他の人がどのようにお話するのか、また、フォトショップなどのソフトや機材をどのように使っているのかが、知りたくなりました。
自分よりハイパーな方やそうでない方の話を聞いて、感心したり、安心したり、なかなか面白いものです。フォトショップの使い方一つをとっても、十人十色、本当に違った使い方をするものです。
最終的には、自分の思った方向の写真にできればいいわけですが、無駄なく精密にできるのは、とても必要なこと。レタッチャーの専門職の方は、さすがに無駄がなく適切な方法論を持っているようです。まだまだ、勉強不足を感じます。

Canonのブースでのセミナーは『30Dではじめる人物写真』
EOS 30Dのカタログ撮影を行った時の作品を紹介すると共に、その時のエピソードを話す。
被写体とのコミュニケーションを通して、写真を撮る楽しみやその時のテクニックを紹介し、EOS 30Dの機動性や高レスポンス性を、軽快な人物撮影で実践する。
という内容でやりました。