会期中たくさんの方々のご来場まことにありがとうございました。
11日間の開催で1,769名の方々に来場いただきました。感謝!!
写真展決定から開催まで1ヶ月もなかったにもかかわらず無事開催ができたことはご協力いただいた方々のご尽力の賜物です。まことにありがとうございました。
アンドロイド版アプリのリリースや通常の撮影の仕事のため在廊があまりできなく、杉山を訪ねて来られた方々には大変失礼いたしました。この場をおかりいたしましてお詫び申し上げます。
このところバタバタ続きで杉山に関係した方々に大変ご迷惑や不義理をしているのではないかと気が小さい杉山はドキドキしています。これに懲りず、今後ともご支援の程、よろしくお願いいたします。
皆様、ありがとうございました!!

SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC

「COSPLAY SHOWCASE 杉山宣嗣写真展」開催レポート | pixiv Zingaro

著名CGクリエイター山岸純さんと杉山のぶっつけ本番、何が出るかは杉山にもわからないトークイベント無事終了しました。
杉山も知らないCG制作の裏側を山岸さんが解説。マニアックなCGの世界を3ds Maxを動かしながら細かく説明していただきました。

 SONY DSC SONY DSC

ご来場していただいた皆様、ありがとうございました。
杉山の出番は2番目だったのですが、1番手のBOCO塚本さんが同じフォトグラファーセッッションできっちりインテルCore i7+SSD搭載Windowsマシンのお話をしていただいたので、杉山は気楽に写真集とアプリの宣伝ができました。(笑)杉山以外の方達のお話はとってもためになるお話で、杉山もきっちりセミナー受講させていただきました。日本にもすごいプロジェクトをされてる方がいらっしゃって、もっと頑張らねばと痛感しました。

詳しくは→ DEXS

20120216-105 20120216-107 20120216-115

cs_banner_main

pixivとカイカイキキの共同ギャラリー「pixiv Zingaro」で、2月16日(木)より「COSPLAY SHOWCASE 杉山宣嗣写真展」を開催いたします。
その道の人達の聖地といわれる中野ブロードウェイにあるこじんまりとしたギャラリーですが、なかなか興味深いところなので、その道の人でなくても中野ブロードウェイ散策をしていただけると面白いと思います。
本展では、この写真集に掲載された作品の中から、コスプレイヤーとCGクリエイターのコラボレーションによるオリジナル作品を含めた13点をA1サイズ大型プリントとアプリ掲載全キャラクターをレイアウトしたプリントを展示します。
出力は、インクジェット・プリントの第一人者である小島 勉 氏(トッパングラフィックコミュニケーションズ)が担当。
詳しくは→ cs_banner_main 

「PHOTOGRAPHERS SUMMIT 9」が1月30日(月)に渋谷O-EASTで開催されます。杉山も「COSPLAYSHOWCASE」のプレゼンテーションをします。写真に興味がある人もそうでない人も是非遊びにきてください!!

『フォトグラファーズ・サミット』は、写真をより身近に感じ、アートとして昇華していくための実験的、野心的なプロジェクトです。新進気鋭の写真家たちが多数参加、大型スクリーンを使ったスライドショー、LIVE形式で作品のプレゼンテーションを行ないます。”写真とは何か”を模索する、新しいアプローチがここから始まります。

お酒を飲みながら新進気鋭のフォトグラファーや杉山のようなオヤジフォトグラファーの作品のプレゼンテーションを見たり、いろんなフォトグラファーのBOOK(作品=ポートフォリオ)がいっぱい見られたり、業界の人たちとコミュニケーションしたりで、とてもためになるし、仲間も出来るし、営業の場でもあるPHOTOGRAPHERS SUMMIT。

フォトグラファーだけでなく、アートディレクター、デザイナー、ヘアメイク、スタイリスト、モデル等々、いろんな方が集まります。学生さんや業界の方でなくてもとっても楽しめるイベントです。作品持参も可能です。
前売りや学割があるので、利用すると良いですよ。

詳しくは→ PHOTOGRAPHERS SUMMIT

12/21(水)〜2012年1/22(日)まで西麻布にあるGallery E&Mで開催されるセルフポートレイト展に参加します。
出展作家は有名写真家の方々35名程で僕自身も楽しみにしている写真展です。
杉山も22歳の頃の写真を出展しています。(笑)ちょうど大学を卒業した頃でグラビア・カメラマンとしてバリバリ仕事をしていた頃です。原宿に事務所をだし、アシスタントも雇う事ができるようになった時期で、この頃が一番楽しく、売れていた?頃かも…自分の写真を自分で撮ったことはほとんどなく、セルフポートレイト写真でネガが見つかったのはこのカットだけで、奇跡的に6×7のネガ1本だけ見つかりました。

2011_12_11 1980_self
ギャラリー イー・エム 西麻布

キャノンの大撮影会に行ってきました。キャノン大撮影会の講師は杉山初めてなので、話には聞いていましたがその参加者の多さを目の当たりにして驚きました。開会式で皆さんが集まると24mmレンズでも入り切れない程の人数です。写真は2枚の写真を繋いでパノラマにしています。

canon01

他の講師の先生は著名な方たちばかりで、キャノン大撮影会でも常連の方々なので、杉山のところにはほとんど参加者の方が来ないと思っていたのですが、はじめてみると大勢の人が来てくれたので、ビックリしました。講師1名にモデルが2名の担当なので、1人で2つの撮影現場のお手伝いをすることになります。2カ所を行ったり来たりしながら、皆さんが良い写真を撮れるようにセッティングやアドバイスをします。下の写真も午前の部終盤になって皆さんが一息ついたところで、杉山が始めてシャッターを切った写真です。(笑)奥にもう1つの撮影現場があります。

canon02

撮影会では一度に大勢の方が撮影するので、今回のような曇りの日がベストコンディションなのかもしれません。光の状態はフラットなものになってしまうかもしれませんが、皆さんがほぼ同じ条件で撮影でき、適正露出から大幅にはずれることもないからです。ちょっと心配だったのは、森の中など暗い場所での撮影だったので手ブレをしてなければいいのだが…

canon03

午後の部では参加人数も増えてきて、このありさまです。杉山はみなさんの背後からシャッターを1回切りました。(笑)もう少し、細かな技術的なアドバイスなどお伝えする事ができれば良かったなあ、と反省しています。
参加された方々が良い写真が撮れてるといいな…..

2011年キヤノン大撮影会 in 東京

SONY DSC  SONY DSC SONY DSC

「Cosplay Showcase」の為の撮影を東京ドームシティプリズムホールでのイベント「ニューレイヤーズ★パラダイス」にて行いました。
今回の撮影には新しい秘密兵器を2つ持って行きました。

ひとつはパラボラアンテナのような巨大ストロボ。これはbroncolorのパラというパラボラ型アンブレラで、今回のイベント会場のようにだだっ広いところでの全身の写真、ストロボ一発だけでライティングなんて時にはもってこいの優れもの。通常、バウンズ板やレフ等を使わなければ、上手く光が回らない条件でも光源面積が広く光の直進性が良いので、ただ柔らかいだけでなく、エッジが効いたシャドウがいい感じのメリハリのある光を作り出します。今回の「Cosplay Showcase」は白ベースのShowcaseの中にコスプレイヤーさんが入るので、一番難しいとされる白バックでのファッション撮影同様のライティングが要求されます。実は杉山、白バックでモデルのシャドウ部がキッチリしまったエッジの効いた写真が一番好きで、得意でもあるのです。「白バックの杉山」なんて昔は言われる程、白バックにはこだわりを持っています。

broncolor 続きを読む

7月から9月まで週末に撮影をしてきたんですが、本日で第一段階のスタジオでの撮影を終了しました。
延べ18日間、88名のコスプレイヤーさんに来ていただき、198キャラクター撮影できました。これもレイヤーの皆さん、スタッフのみなさんのおかげです。感謝!感謝!!シャッターを押した総数18,119回。
この「Cosplay Showcase」はiPad、iPhoneアプリとして年内に発売できるよう、現在作業を進めています。

今後のスタジオでの撮影再開は未定ですが、10/10(日)、10/11(月/祝)の2日間、東京ドームシティでおこなわれるコスプレイベントに杉山のグルグル撮影が参戦いたします。スタジオの機材をそっくりそのままイベント会場(プリズムホール)に持ち込んでの撮影です。
このイベントでは来ていただいたすべてのレイヤーさんを撮影するのではなく(既に撮影したキャラクターは撮影しません)、杉山またはスタッフの方からお声をかけさせていただきき(タカピーですみません)、まだ見ぬキャラクターとの出会いを求めています。杉山としては造形系の方々を見つけたいと思っています。

ニューレイヤーズ★パラダイス

イベント撮影概要