「Kindleで写真集を出そう!」の まえがきから

デジタルカメラが普及して、誰もが手軽に写真を撮れるようになりました。写真人口が爆発的に増えた事でデジタルアルバムなどデジタル写真関連のオンライン事業も多くなりました。

そのようなところにAmazon Kindle が個人で誰でもがデジタル写真集を販売する事ができるシステムを作りました。世界規模で広がって、Google ブックス、iBooks、Kobo などの企業も参入して来ています。

筆者は以前から新しいメディアが登場するといち早くそれに対応する作品を発表してきました。

書籍版写真集は写真家として当たり前ですが、1996 年の「エンハンスドCD-ROM 写真集」(音楽と写真の合体したもの)を始め、2003 年のメガピクセルケータイが登場した時に出した「世界初ケータイで撮った写真集」、2011 年/2012 年にはiOS/Android アプリケーション写真集を出してきました。
しかし、それらすべては出版社、レコード会社、制作会社の協力と資本のもとに作り出されました。

今やアプリは250 円でも売れません。プログラムの開発費だけでも数百万はかかります。そして販売においてはアプリの世界では圧倒的なシェアを握っているゲームに写真集などは足下にも及びません。
しかし、Amazon では書籍版と電子版が同じように売られているので、日本では一般書籍の写真集のデジタル版を安くすることなんてできないのです。今の書籍版の写真集の現状は、ロイヤリティが10 %なんて事はまれで、あって5 %がいいところです。、一般の方は知らないかもしれませんが、大手出版社から出されていても有名タレント以外の写真集のかなりの数が自費出版ということを。

写真家としてはできれば書籍版を出したいのが本心ですが、今の書籍版の値段ではなかなか販売部集が伸びません。
そんな時代に無料で1 時間程で作った写真集がAmazon のおかげでまったく何もパブリシティしないで売れているのは驚きです。それは、電子写真集のマーケットはグラビア系がほとんどで競合が今のところ存在しないからなのです。

デジタルコンテンツの流れは急速に変わっていきます。本書で書かれているノウハウは今すぐ始めるためのものです。デジタルコンテンツの良いところは時代に応じて随時更新できるところにあるのです。

写真コンテンツを持っていれば、無料で世界に出せるんですよ。今、やらなければどうするんですか?

スギヤマノブツグ

Kindle のメリット

・出版にかかるコストは無料です。
・Amazon の販売チャネルを通じて、世界中の読者に本を販売できる。
・出版手続きにかかる時間は5 分、本は48 時間以内に販売される。
・KDP セレクトに登録すると、日本でも70% のロイヤリティを獲得できる。
・日本語、英語を含む7か国の言語で出版できる。
・Kindle 端末、Android 端末・iOS 端末(Kindle 無料アプリをインストール)等で見ることができる。

「kindle for PC/kindle for Mac」をKindleにて生成されたMobiファイルのチェックに使う。

 

今現在、「kindle for PC/kindle for Mac」がAmazon.co.jpとの同期ができないので正規には使用できませんが、ご自分のKindleにて生成されたMobiファイルのチェックに使う事ができます。

 

Macの場合は、

  • アプリケーションを立ち上げて、Kindle→環境設定を選びます。
  • 「コンテンツフォルダ」の中にMobiファイルを入れれば、見る事ができます。
  • (すでにサンプルが入っています)
  • そのフォルダをそのまま使うか、または、「コンテンツフォルダ」をご自分の使いやすいデスクトップなどに新しくフォルダを作ります。

 

Windowsの場合は、

  • ツールメニューからオプションを選ぶとポップアップが現れます。
  • そこで「コンテンツ」を選択すると、ファイルが保存されるフォルダーが表示されます。
  • このフォルダーにMobiファイルを入れればOKです。

 

Kindleで写真集を出そう!by 杉山 宣嗣

簡単に電子写真集が出版できるハウツー本です。
画像の作成さえできれば、写真集はPubooを使ってカンタン作成。
誰でもすぐに出せるカンタン編、もう少し詳しく知りたい人のためのアドバンス編を1冊にしました。

iPadやタブレットでもkindleの無料アプリをインストールすれば読むことができます。

 

00_kindle_cover+

本日、日本写真家協会から会報誌が送られてきました。
「Kindleダイレクトパブリッシングで写真集も手軽に出版」と言う内容の記事があります。杉山も以前からFacebook等で書いていますが、「無料で簡単に出せるからどんどん出そうよ!」って言っていることが書かれています。インタビューに少しだけ答えています。
Kindle親切だから日本語で申請が簡単にできるんですよ。
Kindle 出版とか、PagesでePub、なんて検索すればやり方は出てきます。杉山に聞きたがる人がいっぱいいますが、自分で検索しろー!と意地悪しています。(笑)

1/25日にもkindleについて書いているので参考にして下さい。

SONY DSC

眠っている写真は、ありませんか?kindleで簡単に無料で電子写真集が出せます。
日本語で申請できるので誰にでも簡単に出版できます。グラビア系しかない今がチャンスだと思います。

・無料で簡単 :出版にかかるコストは無料です。
・世界中で販売 :Amazonの販売チャネルを通じて、世界中の読者に本を販売できます。
・いますぐ出版 :出版手続きにかかる時間は5分、本は48時間以内に販売されます。
・70%のロイヤリティ :KDPセレクトに登録すると、日本でも70%のロイヤリティを獲得できます。
・多言語対応 :日本語、英語を含む7か国の言語で出版できます。

・メリット

写真をホームページやブログで見せてもまとめた形ではないので、形はどうであれ、費用がかからず「自分の作品をまとめたものを残せる。」ということ。
全世界に配布することができる。また、プレゼンの道具としても使える。

・オーサリングツール

基本的にはePubに書き出せるソフトであれば何でも良く、MacであればPagesあたりが簡単です。
ePubで作ったデータをKDPにアップロードすれば、自動的にKindle用の.mobiフォーマットのデータを作ってくれるので、
変換されたデータをkindleが配布しているkindle Previewerで確認して問題なければそのまま申請するだけで、至って簡単です。

 

Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング

無料の電子書籍写真集を出しました。

G’day!
G’day Australia! フォトグラファー杉山宣嗣がデジタルカメラでオーストラリアを撮影したSnap Photoの写真集。みなさんにもデジタルカメラで撮るSnap Photoの楽しさと魅力を伝えたい。(掲載写真89点)

G’day! in monochrome
「G’day!」のモノクロームバージョン。Snap Photoはやっぱモノクロでしょ!と言う人のために。(掲載写真89点)

PAST DAYS
フォトグラファーの杉山宣嗣がオーストラリアの女性を撮った秘蔵写真を電子写真集として出版。過ぎ去った日々のモノクローム写真。(掲載写真10点)

COSPLAY SHOWCASE e-book lite
人気のアプリCOSPLAY SHOWCASEからセレクトしたコスプレイヤーの写真をちょっとだけお見せいたします。(掲載写真11点)

 eos_000 eos_bw 00_pastdays_0035 cosplayshowcase

「Cupid note」の日本人版の「LOVERS」が見たい?欲しい?と言う方がいらっしゃいましたので、Pubooで電子書籍として発売しました。(楽天koboでも購入できます)「LOVERS」はエンハンスドCD-ROM写真集なので、現在は手に入りません。
¥250なので買うてね。過去の写真なのに有料というところがセコい?不景気だから小銭をかせがなくっちゃ。ついでに他の4つも宣伝…(笑)
そうそう、「Cupid note」と「KIDSLAND」は東日本大震災のチャリティーとして売上全額を1年間寄付するということで廉価にて販売していましたが、終了にともない通常価格に改正されています。

lovers-thumb cupidnote-thumb kidsland-thumb

s_000 k_000 spiritual

アンドロイドの総合デジタルコンテンツマーケットのTapnow(タップナウ)に、「COSPLAYSHOWCASE」「Cupid note」の壁紙が登場しました。
Tapnow(タップナウ)は人気 のアプリやゲーム、最新の電子書籍や壁紙 が楽しめるほか、着メロ・デコメが取り放題。 パソコンでアンドロイド端末をサポートする管理ツールも提供しています。
そうそう、このTapnowって、PC版(Window PCのみ)があって、 iOSのiTunesの様な役割もしてくれるとか。Yahooとのマーケット提携もするらしい。

large_button001

最近、不正アプリによる遠隔操作などが社会問題になっています。スマホなどのアプリにも同様の事態が起こりつつあります。というのはiOSアプリのようなAppleの厳格な審査がAndroidアプリにはなく不正アプリも氾濫している状態です。
スマホの普及に伴い問題化している「不正アプリ」の排除に取り組むサイト「アンドロイダー」が“公認デベロッパー”制度を始めました。「アンドロイダー」公認デベロッパーのアプリは、ウイルススキャン、パーミッションチェック済みの優良アプリということなんです。
ということで、杉山も“公認デベロッパー”になりました。

アンドロイダー