Amazon KindleへのW-8BENを郵送していたのをオンラインだけで済むようなシステムに変更しました。

以下、その方法をお伝えします。

税に関する情報

  • Amazon KDPは米国企業なのでここで税に関する情報を入力します。
  • この「税に関する情報」は今まで米国納税者番号を取得した後、W-8BEN に必要な項目を記入後、Amazon に郵送しなければならなかったのをWEB上で手続きができるようになった新機能です。
  • 米国納税者番号(TIN) の取得前に入力することになりますが、取得後に修正することができますので今の段階では下記のように入力します。

線

「税に関する情報を登録する」をクリックします。

add001

kindleはすべてにおいて、修正箇所や改変したところの告知がまったくありませんので、気がついたらみなさんで教え合うしか手だてがありません。つい最近のAmazonに提出するW-8BENの提出方法の変更、Kindle PreviewerのアップデートによるePubの厳格化、simple Previewer、send to kindleの使い方、等、3ヶ月程の間にいたるところが知らないうちに変わっています。みなさんからの投稿で大切な情報は、このグループのノートに残してあります。

Mac版について

Kindle Comic Creatorはマック版は2013/09/01現在、最新版が1.01です。

今現在2013/09/01、ダウンロードできるKindle Comic Creatorの中に同梱されているKindle Previewerについては最新版ではなく2013/04/15なので、KDPの本棚→6.本をプレビューする→のところからダウンロードできるKindle Previewerが2013/07/23の最新版です。Kindle Previewerはバージョン表記がないので、作成日で新旧を確認するしか方法がありません。Kindle Previewerは前回は2013/06/18だったので、またアップデートされています。

注)多分、マック版の方がいろんなところにバグを含んでいると思われます。

Windows版に関しての報告は杉山できませんので、すみません。

Amazon KindleへのW-8BENを郵送していたのをオンラインだけで済むようなシステムに変更したようです。

下記はKDPのヘルプですが新しく追記されています。

https://kdp.amazon.co.jp/self-publishing/help?topicId=A1VDYJ32T5D3U4

納税者ID提出プロセス
1. 税に関するインタビュー
KDPアカウントのページからアクセスできる簡単なオンラインの税に関するインタビューを使用して、Amazonに税に関する情報を提出する必要があります。出版者様は、インタビューで示される手順に従って税金識別の設定に必要なすべての情報を収集し、米国の出版者様用のフォームW-9または米国以外の出版者様用のフォームW-8BENを生成します。

2. 納税者IDの検証
米国のTINを含む税に関する情報は、米国内国歳入局(IRS)による検証を受ける必要があります。このプロセスは、IRSデータベースの停止によって遅れる可能性があります。さらに、発行から間がなくIRSデータベースにまだ登録されていないTINに関しては、検証に最大で6週間程度かかることがあります。

3. 税に関するアカウントのステータス
KDPアカウントのページの「税に関する情報」セクションに「完了」ステータスが表示されている場合、出版者様はAmazonで本を販売できます。IRSの記録と一致しないために納税者IDを検証できない場合は、税に関するステータスが更新され、さらに情報が必要である旨が示されます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

アマゾンからこんな返信が来ました。

Amazonでは、米国内の税申告に関する規制を順守するため、出版者様すべてに対し、オンライン上での有効な納税者情報の提出をお願いすることとなりました。
既にW-8BENをご送付いただいている場合も、詳細情報をアカウントに反映させるため、再度お手続きをお願いしております。
お忙しいところご面倒をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

納税者情報を入力するには、以下の手順に従ってください。
1. http://kdp.amazon.co.jpで/、KDPアカウントにログインします。
2. ページ右上隅の「(あなたの名前)のアカウント」をクリックします。
3. 「納税者情報」セクションまでスクロールします。
4. 「納税者情報の詳細入力」ボタンをクリックします。

オンラインで税に関する簡単なインタビューが実施されます。その手順に従って入力していけば、必要な税申告書がわかるだけでなく、お客様のアカウントの更新に必要な詳細情報をすべて入力することができます。これが完了すると、KDPアカウントページの「納税者情報」で提出ステータスを確認できるようになります。

※ W-8BEN生成のため、「英語」で情報をご入力いただきますようお願いいたします。

※ 「KDPの税に関するインタビュー」において「電子署名への同意」で電子署名に同意された場合、その後インタビューを進めると「認証」というページでお客様の署名をキーボードでタイプして入力していただきます。
(W-8BENをご郵送いただく必要がありません)

Amazonの税に関する必要事項および方針については、以下のページをご覧ください。
https://kdp.amazon.co.jp/self-publishing/help?topicId=200641090

電子書籍を出版している方、興味がある方の情報交換のための公開Facebookグループです。どなたでも参加できます。
電子書籍Facebookページ→ https://www.facebook.com/bookjapan

 

こちらのFacebookグループをお友達にシェアやお勧めお願いします。

https://www.facebook.com/groups/571518886215342

Amazon KindleへのW-8BENを郵送していたのをオンラインだけで済むようなシステムに変更したようです。

下記はKDPのヘルプですが新しく追記されています。

https://kdp.amazon.co.jp/self-publishing/help?topicId=A1VDYJ32T5D3U4

既にアカウントを持っている方はKDPアカウントの「税に関する情報」をチェックして下さい。

Amazonでは、米国内の税申告に関する規制を順守するため、出版者様すべてに対し、オンライン上での有効な納税者情報の提出をお願いすることとなりました。
既にW-8BENをご送付いただいている場合も、詳細情報をアカウントに反映させるため、再度お手続きをお願いしております。
お忙しいところご面倒をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

続きを読む

2013年7月27日(土)に渋谷セルリアンタワーで開催された「電子書籍で作品集を出そう!」のセミナー動画を公開いたします。
ここでお話ししているのは電子書籍をどう作るかだけではなく、どう売るか、どう活用するかということを話しています。そうです、電子書籍はセルフブランディング、セルフプローモーションの為の最強のツールなんです。

日本のトップレベルの広告、ファッション写真、映像を紹介している「COMMAERCIAL PHOTO」誌の9月号に「Kindleで写真集を出そう!」が取り上げられました。

これで、いよいよトップフォトグラファーたちも電子写真集に参画してくれるのは間違いないと思います!(8/12発売)

SONY DSC

 

 

「Send to Kindleの機能」メールで添付して使う面倒だったSend to Kindleの機能が、簡単にできます。
ドラッグ&ドロップ操作でKindle端末に文書やファイルを簡単に移動できる便利ツール。これを使えばKDPで作成された最終mobiを簡単に端末に転送できるので、端末での実機確認に利用して下さい。
すみません、杉山以前からこれを使っていたのですが、みなさんに報告していなかったですよね….日本語解説
http://blog.livedoor.jp/takoyaki4610-ebook/archives/22447507.html#more