電子書籍は紙媒体の書籍とくらべて、端末の普及率がまだまだなので誰もが読める訳ではありません。ただこの普及率は今後は絶対に高くなる訳なので、今後はもっと美味しいマーケットになると思っています。

杉山が出した「Kindelで写真集を出そう!」のような文章と画像が入っている電子書籍は、液晶画面が大きいiPadやタブレットを持っていないとちょっと読む事が難しいのですが、USの場合はパソコンでも読めるので問題がありません。

もし、日本でもAmazonがパソコンでも読めるようにしてくれていたら、どれだけ売上が増えたか残念に思っています。

電子書籍の場合、今現在はマーケットの大きさから言っても1000ダウンロードされれば、良い方だとは言われていますが、仮にリアルなA♡Bの人など有名人が出したとしたら10万ダウンロードもありうると思います。

100,000部x1,000円x70%=7000万

(ある方の本にはAmazonのロイヤリティが30%と書いてありましたがAmazonのロイヤリティは35%か70%です。)

この数字は、もちろんリアル有名人しか出せない数字ですが……

企画内容や、世界的に支持される写真集(WEB上で世界的に取り上げられた写真などであれば)

10,000×500円x70%=350万

くらいの方は今後出てくると思っています。

ロイヤリティだけの数字を見るとそれ程たいした金額ではありませんが、この数字を稼ぎ出す人であれば、世の中にブランディングができていますので、他の仕事の依頼が多くなり、複合的にはかなりの地位と収入を得る事になります。

杉山がかって、「Cupid note」の成功により、テレビのレギュラー出演の依頼があったりして、現在まで生きて来れたのはこの法則です。

そんな人のプロデュースもしていけたらなと思っています。

まず、写真にしても商品を出すにしても世の中の流行を掴んでいなければ、話題にもならないしヒット商品にはなりません。

杉山の場合は、どうしても広告写真家というのがあるので、作品を作る時もこれから流行りそうなものを題材にしていることが多いです。ブームの先駆者になるのが好きなんです。二匹目のドジョウは嫌いです。(笑)

流行に先駆けてその分野での作品を出せば注目されるのは当たり前の事で

iPhoneやiPadが出てくれば、時代はスマホの時代になっていく、KindleやiBooksが出てくれば、時代は個人が出版できる時代になり、個人のブランディングが重要になるのも当然の事です。

そういった時代の流れを読みながら、誰よりも早く作り上げ、発表することがとても大事なんです。

「COSPLAY SHOWCASE」の例でお話ししますと、

すみません、書いたんですが、これをここで掲載しちゃうと今度のセミナーで話す事なくなっちゃうので、キーワードだけね…..期待させてごめんなさい。 続きを読む

Amazonで自分が出した本を売る為には、タイトルもとても重要な事は以前お話しさせていただきました。

「じゃあ、どうしたらいいの?」

検索エンジンで、つけようとしているタイトルのキーワードを検索してみて下さい。

例えば、「kindleで写真集を出そう!」の場合だと、

「kindle」と「写真集」がキーワードになります。

「kindle」をgoogle Adwordsで日本国内で検索された回数を見ると82万回を超えています。

写真をやっている人が、「Kindleで写真集って出せるのかなあ?」と考えて

まずは「kindle」で検索します。あまりにもヒット数が多いので、次に「写真集」を検索対象に追加します。

そうすると杉山の「kindleで写真集を出そう!」に導かれてしまうのです。

始めからキーワードがタイトルに入っている「kindleで写真集を出そう!」がSEOの観点から考えても検索の上位に来ない方がおかしいのです。

ファイル内容及び説明文等の変更について
通常はKDPから「提出された本がKindleストアで出版されました。」のメールが来た段階で新しいファイルにすべて更新されていますが、まれに更新されていない事もあります。半日くらい経っても変わっていなければ、KDPのミスかもしれないのでその場合はKDPに直接問い合わせをして下さい。

 Amazon.comと.co.jpのアカウント結合

購入者としては便利ですが、販売者としては別にメリットがあるようには思えません。
.comのAuthor Centrlaからですと、出版した本の内容説明が瞬時に変えることができる等のメリットがあるのですが、投合するとそう言った事ができなくなる可能性があります。
KDPはとにかく本国の方がいろんなことにメリットがあるので、杉山の個人的見解ですが、co.jpと関連づけない方が良いと思っています。
(.comのAuthor Centrlaから本の内容説明を変えるとそれ以降は、説明を.co.jpから変更できなくなるので、それ以降は.comから変更する事になります。)

 出版した本を更新した場合、読者は購入済みの本を再DLできるのですか?

KDPはiOS、Androidアプリのような更新を勝手にしてくれる機能はありません。また、読者に更新を伝える手段もありません。無料で再ダウンロードする事は出来るにはできるのですが、KDPにその申請を読者が自らしなければなりません。とても面倒です。

続きを読む

同じスマホやiPhoneで見る事ができる電子写真集でもアプリケーションと電子書籍は全く別のものです。

★アプリケーション→インタラクティブなカッコイ見せ方が出来る→プログラムはプロしか作れない→プロに頼むと数百万はかかる→ロイヤリティは70%→アプリの市場はアプリだけの激戦区でゲーム以外は100〜300円でも高いと言われている→ほぼ間違いなく制作費ほとんどが海の藻くずと化す

☆電子書籍→アプリのような見せ方はできない。カンタンに言えばPDFのようなもの→ロイヤリティは70%→制作は素人でも出来る→自分で作れば制作費も登録料もまったくタダ→出版社が紙媒体の本との価格差を大きくできないので電子書籍は制作費がほとんどかからないのに100〜1000円の価格のものがある→制作費がかからないので、売れただけ利益になる

電子書籍を出版社経由と自分で出すのとではどう違うのか?(例として1000円の定価のものが1000冊売れた場合)

★1000円-300円(30%Amazonなどのマーケット)-300円(30%取り次ぎ会社)-300円(30%出版社)=100円(10%著者印税)x1000冊=10万円

☆1000円-300円(30%Amazonなどのマーケット)=700円(70%著者印税)x1000冊=70万円

あなたなら、どちらを選びますか??

もし、これが世界的に話題を呼ぶような作品だとしたら、10000ダウンロードもありうるのではないでしょうか?
このような作品を生み出す人が絶対に現れると確信しています。
ただし、どこにでもあるような作品であれば100ダウンロードもされないのが現実です。

  • Amazonでの電子出版

Amazonで出版しただけでは、セルフ・ブランディングができたとは言えません。

  • Facebookの活用

Facebook個人ページやfacebookページなどでいっぱいのお友達を常日頃から作る事も必要です。

  •  独自ドメインのBLOG

自分の名前のドメインのホームページやBLOGも必須です。

この3つを上手く組み合わせる事で、セルフ・ブランディングをしっかり構築しましょう。

 お勧めサーバー、ドメイン取得など

クリエイターがたくさん使ってる、ロリポップ!

独自ドメインやデータベース、PHP・CGI・SSIはもちろん大人気Wordpressなどの簡単インストールをはじめ、
カート機能、cron、SSH、共有/独自SSLなど機能満載。メールアドレスはいくつでも作成可能!
容量最大60GBで月額105円から。

日本で最大規模の会社なので、格安なのに機能満載で、設置の仕方もカンタン。
必要であれば、ネットショップもカンタンに開けます。

ムームードメイン

ロリポップと同じ会社なので 、ドメインの管理がとてもカンタンで超格安。
ドメインとサーバーの管理は同じ会社がとても便利。

「パブー」

誰にでもカンタンに電子書籍が作成・販売できるシステム、Amazonや楽天Koboへの出版もカンタン

まず、出してみる。これってけっこう重要です。

もちろん、始めからそんなにはみなさんに見てもらったり購入してもらったりすることは難しいでしょう。
でも、出版はあなたのプロとしての始まりです。

写真に関して言えば、今までは「写真コンテスト」に出す、「写真展」をするというのが、目標にあって試行錯誤しながら、写真を撮って来たと思います。

電子書籍の登場により、電子写真集を作る事の為に作品を撮ろう、と言う目標も出来た訳です。
これは、ただ単に人に見てもらうだけでなく、それで収入を得ようとして考えますので、それはプロとしての考え方の養成にも役立つのです。

今現在、生業が他の仕事であってもかまわないのです。今はプロ、アマチュアの境界線がなくなりました。すこしでもそれで稼ぐようになればそれはもうプロなんです。
一流を目指す気持ちと努力を継続するパワーがあれば、必ず道は開けます。

プロには、

作品+セルフブランディング

が、とても重要なのはご理解いただいていると思います。

作品とセルフブランディングをよく考えながら、電子写真集をひとつのきっかけ、窓口として考えても決して悪い事ではないと思います。

写真家だけでなく、何かの教室を開いている方、開こうと考えているあなたも同じです。作品集はほしいですよね。
ショップオーナーの方は、電子ビジュアルブックをあなたのお店のカタログとして活用するのも良いのではないでしょうか。

作品集やカタログはもちろん写真が必要です。大手の会社の広告写真のような本格的な写真はプロ中のプロに頼まなければ良いものは撮れませんが、その作品や商品のイチバン良いところを知っているのはあなたです。
どんなものでも(いろんな被写体)上手く撮るにはそれなりの技術と経験が必要ですが、あなたの作品や商品だけをキレイに撮るのはデジタルカメラなったのでそれ程難しい事ではありません。ご自分の作品や商品だけを撮る方法を覚えれば良いのです。
最近多く見られる明るい感じの、商品以外はピントをはずした(ボケた)ような写真は実はもっとも簡単なのです。

それぞれのディバイスにより色味の違いはどうしても出て来てしまう事なのですが、写真集にパッケージする画像の色空間(AdobeRGBとかsRGB)はsRGBでないと写真集にパッケージした時に色が薄く(彩度が低く)なってしまいます。

ただし、このあたりのことをご存じない方は、ほぼ撮影時からsRGBで作業しているはずなので問題はないとは思います。(通常、デジカメのほとんどがsRGBをデフォルト設定してあります)

色空間(色域)を最大限に生かす為には、AdobeRGBで撮影、作業制作するのが正解です。
ただし、Kindleなどの電子書籍、WEBに使用する場合は必ず色空間をsRGBにしたものを別途作成し、使用して下さい。
(AdobeRGBをそのまま電子書籍にパッケージするとディバイスでは彩度が下がって見えてしまいます。)

Photoshopであれば、「プロファイルの変換」でsRGBにします。「プロファイルの指定」だと色あせてしまいます。

画像のプロファイルがAdobeRGBそのままで電子書籍化すると「プロファイルの指定」で変換したもののように色あせてしまうのです。

#色空間の広さはAdobeRGB>sRGBと言う感じで、圧倒的にAdobeRGBの方が広いので(色がきれい?)、印刷用、プリント用はAdobeRGBのものを使います。WEBや電子書籍ではsRGBに変換したものを使います。

#Pubooで出力したPDFは高圧縮されていますので、解像度、及び色調がかなりへたった感じになってしまっていますが、ePubや.mobiのものはパッケージした画像そのものを見せていますので、安心して下さい。

詳しくは    色空間、sRGB / AdobeRGB  などで検索してみて下さい。

ちょっと難しい話……かな?
プロのカメラマンでもちょっと前までは知らない人が多かった事なので、なんとなく理解できれば良いと思いますが…..

電子写真集は、カメラマンの為だけにあるのではありません。

画家、イラストレーター、CGアーティスト、ネットアイドル、コスプレイヤーなど、画像データをお持ちの方なら出版できるのです。と、以前からお話してきましたが、

そういった職種の方達だけでなく、
画像データ(写真)に残している方なら、

ネイルアート
フラワーアート
ビーズアート
料理やスイーツ教室の先生

などなど、

言葉がいらないビジュアルブックは世界に向けて出版できるのです。

さらにAmazonには、著者セントラルというものがあり、
Kindleで出版した人は、既に掲載されている著名な著者と同じところに名前が並ぶのです。

これは何を意味しているかと言うと

プロもアマチュアも関係ない、有名無名にかかわらず、
制作したビジュアルブックがステキであれば、
売れる可能性があると言うことなんです。

ご自分の作品や商品の宣伝材料にもってこいなのが電子作品集なのですが、
画像データということは、ご自分の作品や商品を写真撮影しなければなりません。
デジタルカメラが普及してこれだけ写真もカンタンに撮れるようになったのですから
愛情込めてご自分の作品もご自分で撮影するのも良いかも知れません。

せっかくすばらしい作品なのですから、写真もキレイに残して下さい。

http://j.mp/ZOaP4g

自分の作品が電子書籍として、どう扱われてしまうのか?表現の自由はどうなのか?
(児童ポルノ禁止法改定との問題とはまったく別のこととして)

ヌードや性的表現が悪いなんてことは、思ってはいませんが、どこで線引きしているのかは作家としてはしっかり知っておきたい重要なことです。

■意味不明なガイドライン…..

KDPコンテンツガイドライン
わいせつな内容
性行為を表現したわいせつな内容や性描写を含む内容。

とても抽象的な表現でNUDEであっても性行為を表現したわいせつな内容や性描写でなければ、よいということなのだろうか?

続きを読む