「Send to Kindleの機能」メールで添付して使う面倒だったSend to Kindleの機能が、簡単にできます。
ドラッグ&ドロップ操作でKindle端末に文書やファイルを簡単に移動できる便利ツール。これを使えばKDPで作成された最終mobiを簡単に端末に転送できるので、端末での実機確認に利用して下さい。
すみません、杉山以前からこれを使っていたのですが、みなさんに報告していなかったですよね….日本語解説
http://blog.livedoor.jp/takoyaki4610-ebook/archives/22447507.html#more

Kindle Comic Creatorは、画像の扱い、特に縦横混合の作品集を作るには、画像の扱いの(ピクセル数について)理解ができていないと制作することが難しいです。

誰でもカンタンには使えません!

なので、Comic Creator編を中級としています。

KC2に画像を取り込むのに重要なのは、画像の縦横比の問題ではありません。ピクセル数をすべての画像を同じにする事が前提です。それを理解した上で、縦、横回転させた時の写真の比率をどのように扱うかが、Comic Creator編には書かれています。

まずは、「KIndleで写真集を出そう!」で作成して、販売をしてみて下さい。
それから、「Comic Creator編」にチャレンジしていただきステップアップしていただけたらと思います。
電子書籍の良いところは、後から作り直してアップデートすることができるところです。

「杉山宣嗣先生のKindle写真集出版ゼミ」の概要

日時 2013年8月6日(火) 19時~20時30分
場所 インプレス会議室(市ヶ谷)
講師 杉山宣嗣先生
募集人数 30名(先着順) ※最少催行人数10名
受講料 無料
集合解散場所 セミナー会場
申込受付期間 2013年7月29日(月)~2013年8月6日(火) 12時(正午)
※受付期間中でも定員に達した場合は締め切らせていただきます

電子写真集の作り方から売るテクニックまで学べる無料セミナーを開催!

講師 杉山宣嗣先生からのメッセージ
眠っている写真は、ありませんか? Kindle(Amazon)やPubooなどで簡単に無料で電子写真集が出せます! 無料でみんなに公開するのもいいでしょう。有料にすれば世界の人からの売上も期待できます。今なら、電子写真集の分野はまだまだ未開拓なのでチャンスです。この時期を逃してはいけません。

第1部、第2部、90分、各回100名のセミナー無事終了しました。暑い中たくさんのご参加ありがとうございました。

やっぱり今回のテーマでの90分は短かった…..初級の方を対象にさせていただいたので、制作に関しての突っ込んだ話は省略させていただきました。
やはり半日….いや1日あっても裏技までは話せません(笑)

http://selfpromotion.biz/

a_0013 a_0054 a_0125 a_0133 a_0185 a_0211 a_0363

ライブドアブログに電子書籍の個人出版を応援するサイトがあって、米国所得税を回避する為の米国納税者番号(TIN) の取得のことが書いてあったけど、みなさんとても苦労しているみたいです。
英語がまったくダメな人でもカンタンに取得する方法をしっかり教えちゃったのは杉山だけのようです。取得の為の代行業者に頼むと数万円もかかるそうです。
取得方法を知るだけでも500円はむちゃくちゃ安いと言う訳だ…..
それだけで杉山の本を買っている人もいそうです(笑)

そう言えば、KDPのフォーラムでも路頭に迷っている人いっぱい見かけたな。そんなに貴重な情報だったのなら5000円で売るべきだった……….(笑)

たまたま杉山が電話をした時にスパニッシュなまりのやさしい担当のおばちゃんが、「英語が話せない日本人が取得できる方法がないかなあ?」って聞いたら、上司と相談して、杉山の方法を教えてくれたんです。

英語がちゃんと話せない人からの対応がたいへんらしく、あちらにとっても少しでも電話での問い合わせを少なくしたかったそうです。

7月9日よりPubooでも「Kindleで写真集を出そう!」が発売されます。

PubooはPDF、ePub、Mobiに対応しているので、パソコンを含むすべてのディバイスで本書を読むことができます。
また、実はPubooならiOS,Android,Kindle端末を持っていない方でも電子書籍が制作できてしまうのです。

(期間限定で、より多くの方に利用していただけるようPubooでの販売開始しました。)

kindl

Pubooで購入→ http://j.mp/12SzKJS  販売終了いたしました。

Amazonで購入→ http://j.mp/1a5Nyq3

同じスマホやiPhoneで見る事ができる電子写真集でもアプリケーションと電子書籍は全く別のものです。

★アプリケーション→インタラクティブなカッコイ見せ方が出来る→プログラムはプロしか作れない→プロに頼むと数百万はかかる→ロイヤリティは70%→アプリの市場はアプリだけの激戦区でゲーム以外は100〜300円でも高いと言われている→ほぼ間違いなく制作費ほとんどが海の藻くずと化す

☆電子書籍→アプリのような見せ方はできない。カンタンに言えばPDFのようなもの→ロイヤリティは70%→制作は素人でも出来る→自分で作れば制作費も登録料もまったくタダ→出版社が紙媒体の本との価格差を大きくできないので電子書籍は制作費がほとんどかからないのに100〜1000円の価格のものがある→制作費がかからないので、売れただけ利益になる

電子書籍を出版社経由と自分で出すのとではどう違うのか?(例として1000円の定価のものが1000冊売れた場合)

★1000円-300円(30%Amazonなどのマーケット)-300円(30%取り次ぎ会社)-300円(30%出版社)=100円(10%著者印税)x1000冊=10万円

☆1000円-300円(30%Amazonなどのマーケット)=700円(70%著者印税)x1000冊=70万円

あなたなら、どちらを選びますか??

もし、これが世界的に話題を呼ぶような作品だとしたら、10000ダウンロードもありうるのではないでしょうか?
このような作品を生み出す人が絶対に現れると確信しています。
ただし、どこにでもあるような作品であれば100ダウンロードもされないのが現実です。

セミナー概要

書籍出版というと「自分ではできそうもない」「文章を書くなんて難しそう」なんて思っていませんか?

写真、イラスト、ネイルアート、ヘヤーカタログ、料理、手芸、ショップ・・・「画像中心」の電子書籍であれば、簡単に、そして言葉を越えて世界中に広めることができます。
本セミナーでは電子書籍をセルフ・プロモーションのツールとしてとらえ、そのノウハウをお伝えするものです。フォトグラファーの方はもちろん、モデルタレント、各種教室、ショップ経営の方にとっても有益なセミナーです。

日時・場所

2013年7月27日(土)13:30〜15:00 (入場:セミナー開始30分前)
渋谷セルリアンタワー11F GMO Yours(定員100名)
東京都渋谷区桜丘町26番1号セルリアンタワー(渋谷駅徒歩4分)http://goo.gl/maps/6sUUj

入場料:無料
お申し込みURL:http://selfpromotion.biz

※本セミナーは席数に限りがございますので、お申し込み多数の場合は抽選となりますので予めご了承ください。
※本セミナーのカメラやビデオカメラによる撮影、録音機材による録音はご遠慮願います。

講師

杉山宣嗣(スギヤマノブツグ)写真家

日本大学芸術学部在学中より、フリーランス・フォトグラファーとして活動し、1986年から5年間仕事の場を オーストラリア・シドニーに移す。帰国後、人物・ファッションを中心とした広告・雑誌・写真集・写真展等で活躍。最近ではタレント広告も多い。 また、テレビ・雑誌等でコメンテーターもつとめ、特別講師、講演会などもこなす。

書籍版写真集はもとより、CD-ROM写真集、iOS/Androidアプリ写真集、電子書籍写真集などを時代に先駆け発表し、2011〜12年に発表したiOS/Androidアプリ写真集「COSPLAY SHOWCASE」は書籍版写真集としても発売。また写真展を東京で2度、オーストラリアのJapanExpo、台湾(7/2-8/11開催中)、と開催の場を拡大している。さらに他国からのオファーも来ている。

続きを読む

最近本屋に行くと雑誌が薄くなってしまったのが、さみしい….
以前は電話帳(死語?)ほどの厚さがあった雑誌があまりにも薄い….

じゃあこれからは、みんな電子書籍になるのかと言うと日本ではそうでもなさそうだ。
日本の電子書籍市場はあまりにもいろんな会社が中途半端に参入しすぎたせいでプラットフォームもバラバラで混迷を極めている。

そんな中で、今後はセルフパブリッシングの勢力が大きくなると、その道の見識者達が言っています。

写真家でなく、電子書籍評論家になりそうな今日このごろの杉山です。
でも、電子書籍市場のことまでは語れませんから….(笑)