現像ソフトの種類も随分ふえてきて、用途によって使い分けなければならなくなりました。それぞれが良いところがあって、それぞれが不満があります。どう使うかはカメラマンの判断にまかされています。
下記の現像比較は、EOS-1DsMk2のRAWデータをそれぞれのソフトのデフォルトで現像したものです。色の違いと、カラーモアレの発生の違いを掲載しました。

01 02

デジタルでやっかいなことは、モニター、入力/出力機器のカラーマネージメント。
目測で合わせていた一昔前に比べると、手頃なキャリブレーターが各社から発売されて、ある程度はみなさん同じ方向に向いているようで、トラブルが少しは減少したのかもしれない。
長い間フィルター方式を使っていたんだけど、スペクトル方式のものに変えることにした。値段の差は当然違う。より全ての機器が同じ方向になってきた。同じ方向になってきたという表現をするのは、それでも、まったく同じにはなってくれないもどかしさから。

ハイエンドデジタルバックの雄、LEAFの最新機種Leaf Aptus75Sの発表会でセミナーをしました。
午前中に他の撮影があったので、遅刻しないかヒヤヒヤだったのですが、定刻にセミナー会場に到着することができ、セッティングも間に合って、なんとか無事に終わることができました。
セミナーは同じ内容をx2したのですが、1度目と2度目が内容が少々違ってしまっていたような感じがします。基本的にはお話する内容は決めているのですが、杉山はそのときのアドリブで話していることが多いので、まったく同じことはできないようです。
中盤デジタル3330万画素の画像はいつ見ても奇麗で、新機種のAptus75Sの撮影速度1.1秒がとても楽しみです。画像のすばらしさに、撮影速度の快適さが加わって、鬼に金棒ですね。
セミナー会場で、撮影デモをした画像をアップします。
掲載写真のサイズが小さいので良くわからないかと思いますが、拡大写真の方は100%画像です。写真全体の小さな部分の拡大ですが、これだけの解像度があるとビックリです。

fashion_0208 fashion_0209

Leaf Photography

たぶんこれがフィルムでの最後の撮影になるだろう。長年愛用してきたRZ67は、ここ何年かほとんど使われなくなって電池さえぬいている。入念にカメラの点検をし、撮影に挑む。久しぶりに100本あまりのフィルムを装填され喜んでいるように思える。最後の仕事を終え、歴代のカメラコレクションの仲間入りする。ありがとう。

アップルのホームページに杉山が「Macで追求するスピードとクオリティ」というタイトルで紹介されています。
先日のPhotoshop worldに出演した内容の補足にもなると思います。
うん?Light roomじゃなくってAperture??の質問はなしですよ。
どっちも使っています。(笑)

2006_12_4_apple_pro_02 2006_12_4_apple_pro_01

アップル – Pro

アップル – Proより抜粋

「ノート型の速いMacを待ち焦がれてましたよ」。こう語るのは、広告やエディトリアルでのファッションフォトを中心に活躍しているプロフォトグラファーの杉山宣嗣氏。大学在学中にプロのキャリアをスタートした杉山氏だが、写真集などでアーティストとしてのスタイルを確立しながらも、先鋭的なハイファッション誌からティーンズ誌に至るまで、手がける撮影は多岐にわたる。さらには著名なモデルや俳優の撮影、講演やテレビ番組のゲストコメンテーターなども務め、その多彩ぶりには驚かされるばかりだ。
幅広い分野で活動する杉山氏は、1ヶ月に誌面100ページ分以上もの撮影を行うことも珍しくないという。時には大手百貨店のファッションカタログを1冊丸ごと、しかもブランド別のテイストに合わせながら高いクオリティで撮り分けするなど、ハイレベルな仕事を的確にこなす職業フォトグラファーとしての実力も知られている。
スピードとクオリティ。それが多忙を極める杉山氏のワークスタイルを象徴するキーワードだ。「僕はもともと“早撮り”ではあるんですが、これだけの撮影量をこなすにはクオリティと効率性を両立できるフォトアプリケーションが必要ですし、それ以上にアプリケーションを十分に活かせるマシンが不可欠でした。それがMacだったんです」。
続きを読む

_MG_1505 _MG_1508

EOS 1DsMk2のRAWデータ5コマを16bit/4992×3328/TIFに現像する。
各ソフトの現像詳細設定は全てデフォルトのまま。

Mac Book Pro(15inch/2.16GHz Intel Core Duo/メモリ2GB/OSX10.4.7)
OSX+CaputureOnePro(Universal対応版) / OSX+DPP(Universal対応版) / OSX+PhotoshopCS2
140秒            59秒            76秒
Mac Pro (3GHz QUAD XEON/メモリ4GB/OSX10.4.7)
OSX+CaputureOnePro(Universal対応版) / OSX+DPP(Universal対応版) / OSX+PhotoshopCS2
60秒            37秒            30秒
Power Mac G5 (2.5GHz QUAD PowerPC G5/メモリ4GB/OSX10.4.7)
OSX+CaputureOnePro(Universal対応版) / OSX+DPP(Universal対応版) / OSX+PhotoshopCS2
70秒            59秒            18秒 続きを読む

Camera Raw 3.5 がアップデートされました。
新たにサポート対象になったカメラが掲載されていますが、
オフィシャルではサポートは謡っていませんが、、Phase/P45、Leaf/Aptus75などの中盤デジタルも現像できます。
今まで、PhaseについてはPHOTOSHOPでの現像ができないとされていましたが、
このバージョンでは、P25/30/45等OKです。Knollさんの仕業のようです。