2012年1/26発売の「COSPLAY SHOWCASE」作品集(玄光社コマーシャル・フォト刊)の新規撮りおろし企画為の撮影です。
今回は有名CGアーティストの大槻昌平さん(ヴォンズピクチャーズ)、早野海兵さん(画龍)、山岸純(DIAL)、とのコラボレーションです。
最近では広告の仕事でCGとの合成による撮影も多くはなってきましたが、その場合、広告のコンテがあり、それに合わせてカメラマンが撮影し、またその写真に合わせてCGを制作する形になります。なのでCGアーティストの方と直接打ち合わせをすることもほとんどなく、どういった手法でCGを作り写真と合成するかはカメラマンの知り得るところではない事が多いのです。杉山自身はこのやり方にはちょっと??と思っていて、やっぱり画像を完成するのに重要な役割のCGアーティストの方とカメラマンがしっかり打ち合せをしないと良いものはできないと常日頃感じていました。
今回は、CGアーティストの方にビジュアルのアイデア、ディレクション、構成、デザイン、レタッチもすべてしていただき、それに合わせて最良の写真を撮るという形での撮影です。
杉山もすごく勉強になり、本当に楽しい撮影でした。

2012_01_26_02 2012_01_26_03 cos_atari2