Kindleの電子写真集をKindle Comic Creatorで制作している人で、奥付のページにリンクを貼りたいと言う方から質問を度々受けます。
 
もともとComic Creatorは、画像を読み込んでマンガや写真集などをパッケージ化するのをとても簡単にしたAmazonが出しているアプリケーションですが、実はかなり高機能にできていて、HTMLやCSSが理解できる方であれば、インタラクティブな「固定式」の電子書籍をも作る事ができるようになっています。
(固定式とリフロー式の電子書籍の違いについては、検索で調べてみてください。)
 
以前杉山が出したKindle Comic Creatorで作る「Kindleで作品集を出そう!」では、初めての方にはちょっと難しいので、その多機能なところは一切省いて書いています。また、その操作方法が独特で難解なんです。
 
今回は、奥付の最後のページのみに下記のようなリンクを貼る方法をお伝えします。下記画像はiPhone6、iPadでのKindleの奥付のページ表示です。
 
ただし、ご自分用に書き換えをしなければできませんので、忍耐努力が必要になるかも知れませんので、誰でもがカンタンにできると言う訳ではないです。

杉山宣嗣

杉山宣嗣

リンクとしてはホームページ、ブログ、各種SNSを設定しています。SNSはシェアボタンではありません。

これは、1024x768pxの電子書籍サイズでの杉山が提唱する「タテヨコ混合型」の表示なので、「タテヨコ混合型」「タテ固定」以外の設定では、そのままでは位置関係などが誤表示されると思います。

自己責任のもと実施してください。ヨコ位置指定や1024x768px以外ではそれぞれの位置がズレてしまいます。

 
Kindle Comic Creatorが作りだした html<scaled-images のフォルダの中にprofile.jpg / facebook.png / google+.png / twitter.png / you_tube.pngを入れます。

profile.jpgは400x400pxのプロフィール用jpg写真です。ご自分で制作しておいてください。

facebook google+ twitter you_tube

は、フリー素材なので上記のアイコンをダウンロードして使っていただいてもOKです。
48x48pxのpngです。
 
その後、
Kindle Comic Creatorで ページの追加<空白ページを追加 で最終ページに空白ページを追加します。

スクリーンショット 2016-02-11 13.28.52

上部のツールバーから 表示<Htmlビュー/プレビューにチェックを入れて、上記のようにページのHtmlが見えるようにしておきます。

本当は、ここでHtmlとCssが理解できる方はそのまま入力していただければ良いのですが、Kindle特有の使い方?記述方法?があり、HTML5の記述の仕方で正確に表示できるものではありませんので注意が必要です。CSSの正しい記述をしても無視されるものもあります。
(杉山も実際何度も書き換えてKindle Previewerで確認しながら記述しています。)
今現在の空白ページのhtmlは下記のように表示されています。

スクリーンショット 2016-02-11 14.08.49
上記のhtmlを削除して下記のHTMLをコピペして記述します。
HTMLの記述としては随分古い形式です。また、kindleではCSSの指示通りの表示にならなかったりするので、無理矢理表示させるような記述で、けっして正しい記述ではない事をおことわりしておきます。余分な記述も入っているような….(杉山の勉強不足ですみません)

プロフィール写真の大きさや、ホームページ、ブログ、SNSなどの表示させたい数によって、天地左右の空き具合が変わってきます。
また、スマホの場合はタップする事によりリンクに飛ぶので誤動作も考え、ある程度それぞれのアイコンの間を空ける必要があります。また、スマホではあまり文字が小さいとタップしても動作してくれない場合があるので、大きめにする事も必要です。

 

1. <title>を書き換える。

2. <h1>を書き換える。

3. Author : Nobutsugu Sugiyama<br>著者 : 杉山 宣嗣  の名前を書き換える。

4. Homepage Blogが1つだけなら1つを削除する。 http://〜以下のURLをご自分のURLに書き換える。

5. SNSで必要でないものがあれば、<div id=”social”>以下のSNSの記述からいらないものを削除する。 https://www.facebook.com/〜以下のURLをご自分のアカウント名に書き換える。WEBページでHTMLのa要素(リンク要素)を target=”_blank”にする事もあるのですが、スマホでは別ウインドウが開くのは、戻る場合に面倒なので記述しません。

6. SNSアイコンの左右の間隔を変えたい場合は、
#social img {
padding: 0 50px;
}
の50pxの数値を変える。

7. タイトルの文字の大きさ、上からの余白を変えたい場合は、
h1{
font-size: 1.2em;
margin-top: 40px;
}
太さは、font-size: 1.2em; 1.2の数字を変えます。
上からの余白は、margin-top: 40px; 40の数字を変えます。
 
Kindle Comic Creator上で、上記の記述を書き換えて保存しても書き変わらない場合があります。一度テキストエディットなどで別に記述を書き換えてからすべてをコピペする方が良い場合があります。それでも上手く行かない時は、失敗した空白ページを削除して、新規に空白ページを作り、コピペする。その後に「ビルド&プレビュー」でmobiファイルを作り替えます。
ここで問題なのは書き換えたHTMLは、Comic Creatorの「デザイン」「HTMLプレビュー」では、正常に表示されません。必ず、Kindle Previewerで表示確認してください。
 
以上です。
 
Kindle Comic Creatorのヘルプのところから「ユーザーガイド」が現在では日本語のPDFが表示されます。チャレンジャーな方は、高度な??設定を試してみてください。実際に正常に機能するかは、あやしいですが….

そうそう、Kindle Kids’ Book Creatorなるものも登場しました。これはComic Creatorの一部機能(タテヨコ混合型ができないなど)をなくして、文字入れができたりCSSがカンタンに追記できたりするのですが、これまた独特な作法で実際に正常に機能するかは、あやしい….なぜ?Comic Creatorに簡単に文字入れやCSSの機能を付けないのかが不思議です….みなさんこれが欲しいのに…

参考電子写真集 http://www.amazon.co.jp/dp/B01BCDTQEE

杉山宣嗣写真展TRIBEPAPUA NEW GUINIA

 

1472938_628773433836451_1830602697_n

みなさん、ありがとうございます!!

発売以来9ヶ月、部門10位内をウロチョロしていましたが、
久しぶりに1位に返り咲きました。

これもみなさんの応援のおかげです!!
今年最後の月にうれしい贈り物です….
本当にありがとうございました!!

12/1から「Kindle本 冬のセール!」の対象商品に「Kindleで写真集を出そう! 」が選ばれました。

2013年12月1日から31日までの1か月間「Kindle月替わりセール」に掲載させて頂くことになりましたのでご連絡いたします。

と事前にメールをいただいていたのですが、

先日セールについてお送りした情報、及びリンクに誤りがございました。お客様に大変ご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。 
今回、お客様の本は、「月替わりセール」拡大版である以下リンクの「Kindle本 冬のセール」の対象となっております。

ということで、「冬のセール」になっていました。(笑)
さてさて、この「冬のセール」なるものが、どの程度ダウンロード数に反映するのかとても楽しみです。

11/24(日)時間:13:30~17:30(4時間)

エビスキャンプVOL.15 DIGITAL BOOK

【電子書籍 写真集作成 ワークショップ】

を開催します。

電子書籍の話とPubooを使った実際に簡単な電子写真集を制作するハンズオン・セミナーです。

(初級)

http://ebisu-camp.tumblr.com/

スクリーンショット(2013-11-06 18.41.52)

11/23(土)17:00~19:00 東京・渋谷「写真の学校-東京写真学園」にて電子書籍のセミナーです。

http://www.photoschool.jp/news/2013/detail_10_03.html

スクリーンショット(2013-11-06 18.44.22)

講座内容

本講座では、主に画像を使って作る、電子写真集・作品集・ビジュアルブック、カタログなどをカンタンに制作、販売する方法。また自己ブランディングにどう役立てるかをお伝えします。

続きを読む

11/8(金)は、日本大学芸術学部写真学科でファッションフォトと電子写真集の講義をします。

こちらは在校生の為の講座、授業?なので一般の方はNGです。

最近はあまりファッション・フォトはやっていませんが、もともとはファッション・フォトグラファーという位置づけでしたから….杉山は…

追伸

講義中の写真です…..

DSC_4702+ _DSC7166+ _DSC7133+

KDPのアカウントで、「本棚」を表示すると、右端の欄(KDPセレクト)に、「利益の管理」というリンクがありますので、これをクリックすると設定のウィザードになります。

ウィザードの中で、設定するマーケットプレース(amazoncomまたはamazon.co.uk)を選択します。
この設定ができるのは、その本がKDPセレクトを契約していることが前提です。
今現在は、amazoncomまたはamazon.co.ukのみで、amazon.co.jp(日本)では対応していません。
co.jp(日本)も早く対応してほしいものです。

https://kdp.amazon.com/self-publishing/help?topicId=A3288N75MH14B8

■関西の方にお知らせ■

9/28(土)13:30〜 関西電塾にて「電子書籍で作品集を出そう!」セミナーを開催いたします。
電塾初参加の方は1000円だそうです。

詳しくは関西電塾ホームページから

http://i-digital.jp/kansai_denjuku/

9月チラシ

NOBUTSUGU SUGIYAMA – Amazon Worldwide

Amazon.com – http://j.mp/1aXjKf0

Amazon.co.uk – http://j.mp/19zsT9J

Amazon.de – http://j.mp/17QG0lT

Amazon.fr – http://j.mp/1e7DpLr

Amazon.es – http://j.mp/1cXAG3h

Amazon.it – http://j.mp/15LafyB

Amazon.ca – http://j.mp/15Lar0O

Amazon.co.jp – http://j.mp/17QGfNH

Amazon.com.br – http://j.mp/13yQJ4K

Amazon.com.mx – http://j.mp/15LauJW

Amazon.in – http://j.mp/17jXGXR