コマーシャル・フォト2月号より抜粋
今回は、デジタル一眼レフカメラで撮影し、短時間に効率良く画像をチェック、使用カットを決定、すばやく画像処理を行なうワークフローを紹介する。
「ファッション雑誌の撮影は、衣装やヘアメイク、シチュエーションを変えて、大量のカット撮影するため、短時間にOKカットが決められるかが勝負」と杉山さんはいう。
そのためには撮影後にすぐに全カットのデータをある程度の大きさで表示し、編集者、スタイリスト、ヘアメイク等が確認できる環境が必要になる。
杉山さんの場合、キヤノンEOS-1Ds Mark2をWindowsノートPC+Digtal Photo Professionalのパソコン接続と、最速SDカードとのバックアップ同時記録撮影をしている。撮影画像の確認は、高速表示で知られるブラウザソフト「フォトのつばさ」を使用。(DPPはマシン性能が同程度の場合、MacよりもWinの方が高速で動作する。)
「いろいろとソフトを試してみましたが、現場でRAWデータを高速表示・拡大表示できるブラウザソフトで確認し、Photoshopによる現像処理を組み合わせることで効率的なワークフローになりました」
撮影現場では時間を無駄にせず、OKカットが決まったら撮影は終了。事務所に戻り、OKカットをAdobe Bridgeで確認後、Camera Rawですぐに現像処理。雑誌の撮影では、なるべく撮影現場で完成度を高め、肌の処理以外はほとんど画像処理を行なわない。画像処理したデータは、すぐにデザイナーにレイアウト用小データをサーバー経由で転送、入稿データは、色見本プルーフをつけて納品する。
最近、杉山さんが肌の画像処理に愛用しているのが「Noise Ninja」というソフトだ。まだ英語版しか手に入らないが、カスタマイズ、バッチ処理でき、効率良く肌の画像処理を行なうことができるので、重宝しているという。

1/15発売のコマーシャル・フォト2月号に「デジタルフォト&ワークフロー」というページで杉山のエディトリアルでのワークフローを解説しています。デジタルフォトのメリットである「速さ」を追求したエディトリアルのワークフローの一部なので、いつもこんな感じにしているわけではありません。
ちゃ〜んと、じっくり作り込んでする仕事の方が多いので、これだけを実践しないでくださいね。(笑)

2006_2_051 2006_2_052 2006_2_053 2006_2_054