キャノンの大撮影会に行ってきました。キャノン大撮影会の講師は杉山初めてなので、話には聞いていましたがその参加者の多さを目の当たりにして驚きました。開会式で皆さんが集まると24mmレンズでも入り切れない程の人数です。写真は2枚の写真を繋いでパノラマにしています。

canon01

他の講師の先生は著名な方たちばかりで、キャノン大撮影会でも常連の方々なので、杉山のところにはほとんど参加者の方が来ないと思っていたのですが、はじめてみると大勢の人が来てくれたので、ビックリしました。講師1名にモデルが2名の担当なので、1人で2つの撮影現場のお手伝いをすることになります。2カ所を行ったり来たりしながら、皆さんが良い写真を撮れるようにセッティングやアドバイスをします。下の写真も午前の部終盤になって皆さんが一息ついたところで、杉山が始めてシャッターを切った写真です。(笑)奥にもう1つの撮影現場があります。

canon02

撮影会では一度に大勢の方が撮影するので、今回のような曇りの日がベストコンディションなのかもしれません。光の状態はフラットなものになってしまうかもしれませんが、皆さんがほぼ同じ条件で撮影でき、適正露出から大幅にはずれることもないからです。ちょっと心配だったのは、森の中など暗い場所での撮影だったので手ブレをしてなければいいのだが…

canon03

午後の部では参加人数も増えてきて、このありさまです。杉山はみなさんの背後からシャッターを1回切りました。(笑)もう少し、細かな技術的なアドバイスなどお伝えする事ができれば良かったなあ、と反省しています。
参加された方々が良い写真が撮れてるといいな…..

2011年キヤノン大撮影会 in 東京