EOS 5DsRの画像をポスターサイズのB-0サイズで出力してみた

通常B-0サイズに出力する事を考えると、いくら5,792 x 8,668pxの画像サイズのEOS 5DsRであっても、仮に300dpiで出力しようとすると、Photoshopで拡大する必要がある。

そこで、

1. 解像度300dpi B-0サイズの短編730mmの画像をPhotoshopで再サンプルして拡大作成。8,622 x 12,933pxになる。(スマートシャープは量300%半径1.0px ノイズ軽減10%)

もう1つ、

2. もともとの5,792 x 8,668pxの画像サイズは変えず(再サンプルしない)B-0サイズの短編730mmの画像にすると、解像度が201.53dpiになる。(スマートシャープは量300%半径1.0px ノイズ軽減10%)

ここで問題になるのがPhotoshopでの拡大機能は、昔に比べると格段と高性能になったとはいえ、全体がボケた感じになってしまうので、それを補正する為に、スマートシャープを量500%半径1.5px ノイズ軽減10%にしてみた。(スマートシャープをこんなにかけることは通常ないのですが)

000

シャープネスはかなり近い感じにはなったが、拡大表示してチェックしてみると、細部がシャギってしまっているところが多々見受けられた。

その2点の画像からB-0出力してみると、お案の定、300dpiに再サンプルして拡大作成ものの方がシャギシャギしているところが多く、200dpi近くで出力したものの方が美しいプリントになっていた。

要点をまとめると、出力解像度を300dpiに上げる為に画像サイズをPhotoshopで拡大するよりも、画像サイズは触らずに出力解像度を下げたものの方が美しいプリントができることがあると言う事です。

ポスターサイズに出力する時は、出力解像度200dpiや150dpiで出力する事って、まったくアリなんだな、という実体験でした。

なお、スマートシャープについては、作品によって、どのくらいシャープにさせるかが違ってはくるのですが、ポスターサイズになると通常よりちょっと強めの方が高精細に見えます。ただし、かけすぎるとシャギってきますので、デジタルっぽさが見えてきます。この辺りはご自分の作品の最適な状態をテストすることをお勧めします。自宅でB-0用画像をA4で部分的に出力してもある程度はつかめるので、大きく出力する前に試してみるのも良いと思います。

そうそう、Photoshopの件ですが、画像はスマートオブジェクト化しておき、その上でスマートシャープをかけておくと、出力の現場でスマートシャープの量を変えたりしても劣化がないので便利です。

スクリーンショット 2016-01-20 10.54.22

ソリッド•カラーとくっきりした境界線のあるWEB用グラフィックスには、WEB上にアップロードした時にJPGよりもPNGの方が適している場合があります。パソコンのモニターでは大丈夫でも、スマホでの表示で問題が出る事が多いのです。

写真などの階調がなだらかな画像の場合はJPGの圧縮60%以上であれば、問題なくキレイに表示されるのですが、電子写真集の場合も同じように、表紙に下記のようなソリッドカラーのロゴが入っている場合は、文字のまわりがシャギっていたり、クスんでしまうことがあります。これは画像サイズの問題やJPGの圧縮率の問題だけではありません。

そういった理由から通常、WEBでロゴを使う場合、PNG形式の画像ファイルを使う事が多いのです。

ただし、PNGはファイルサイズがJPGよりも大きくなってしまうのが難点ですので、電子書籍の画像としては、表紙や奥付けくらいに使用するのが良いと思います。

パソコンのモニター上では、ほとんど同じように見えてもスマホでの表示は下記のようにPNGの方がキレイに表示されます。色空間はともにsRGB。

ns
460x460pxでファイル形式をpngで作成

ns
460x460pxでファイル形式をjpg最高圧縮で作成

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

この正月三が日はず〜っと引きこもりで、写真展の為の写真の再現像、レタッチをしておりました。
外に一歩もでない三が日は初めてでしたが、写真生活40年目になる今年はしっかり自分の写真を撮ろうと思っています….

png_sugiyamanobu

11112798_880347258679066_4812478069327838068_o

EOS 5DsRのRAWデータを最適化して書き出すには、どうしたら良いのか?

あまり大きなサイズに出力しない場合は、PhotoshopやLightroomのCamera Rawフィルターで露光量やハイライト/シャドウなどを調整するのが、効き目も大きくカンタンな操作でできるので、とっても便利なのですが、細部のディティールが劣化してしまう事が多いのです。

じゃあ、EOSなのでDPPでやれば良いんじゃない?ってことになるのですが、実はこちらも設定を間違えるとPhotoshop程ではないけれど、細部のディティールが劣化してしまいます。

DPPの場合、「ハイライト/シャドウ」はPhotoshop程効きませんが、やはり大きく使うと劣化してきます。変えてもさほど影響がないのは「明るさ調整」だけです。と言っても+-1を超えると劣化が少しづつ出てきます。

「オートライティングオプティマイザ」は、プロは使わないと思いますが、勝手に各種調整をしてしまうのが問題だと思っています。

もう1つとても重要なのが、鳴り物入りで取り入れられた「デジタルレンズオプティマイザ」ですが、ローパスタイプのEOSや古いレンズなどには、とても有効だったりするのですが、ローパスレスの5DsRと最近発売されたLレンズには使用しない方が良い場合もあります。「デジタルレンズオプティマイザ」はカメラとレンズによってはすべて良い結果になる訳ではなく、100%以上の拡大率で、ON/OFFをしてみて良い方を選ぶ事が重要です。

5DsR+24-70mmF4と16-35mmF4の組み合わせに関しては、OFFの方が劣化がなくキレイです。「デジタルレンズオプティマイザ」は、実はシャープネスもかけているので、これが結構かかっていて、フリンジのようなものが出るのは、「シャープネス」のアンシャープマスクよりもこちらが原因である事が多いようです。

●「デジタルレンズオプティマイザ」ONと「シャープネス」のアンシャープマスクの二重がけは最低の結果になります。

—————————————-

実際の画像を見てもらった方が早いので掲載します。どちらの画像も欠点がわかりやすいようにPhotoshop上で300%表示なのでシャギって見えますが、そのことでなくエッジのところを見てください。人物のアップは肌を見てください。


「デジタルレンズオプティマイザ」「色収差」「色にじみ」ON.
「ディティール設定」の「アンシャープマスク」0に変更
「シャドウ」+3「ハイライト」-3
最終的にPhotoshopで「スマートシャープを200」にかけたもの


「デジタルレンズオプティマイザ」OFF、「色収差」「色にじみ」ON.
「ディティール設定」の「アンシャープマスク」3.0に変更
「シャドウ」「ハイライト」触らず、
最終的にPhotoshopで「スマートシャープを200」にかけたもの

—————————————-

●「デジタルレンズオプティマイザ」OFFにした場合、あまりにもシャープネスがなさ過ぎるので、「ディティール設定」の「アンシャープマスク」3.0にしたものにPhotoshopで「スマートシャープを200」にかけたものがちょうど良い。
●「デジタルレンズオプティマイザ」OFFにした場合、Photoshopで「スマートシャープを200」ではシャープネスが足りなさすぎるので「スマートシャープを400」とかにするとシャギってしまい、フリンジも強く出て来てしまう。
●要するにある程度はDPPで「アンシャープマスク」かけておいて、Photoshopの「スマートシャープ」で微調整するのがもっともキレイになった。

●「周辺光量」については、周辺を明るくすると言う事はその部分の劣化はする訳だし、OFFの方が画像が締まって見えるのでOFFにした

スクリーンショット 2015-10-20 22.01.58スクリーンショット 2015-10-20 22.22.45のコピー

#あくまでも杉山の独断と偏見によるテストなので、ご自分でも検証してみてください。
備忘録として残します。

全体画像はこちらになります。

5922_N8A1589-5922+p++

アップロード+

他人の写真を勝手にアップロードするのは、違法です!!
(シェアの場合はその限りではありません)

著作権侵害は刑事告訴と民事訴訟の両方に適応されます。刑事告訴された場合は、テレビ番組の無断アップロードと同じように、逮捕されることもあります。

※ このFeelment掲載の写真も著作権者の承諾無しに、アップロードするのはもちろん違法です。
Facebookのカバー写真やプロフ写真に他人のものを勝手に使っている方がいらっしゃいますが、それ違法です!

知人の作品の無断使用を発見した場合は、その作家に直接こっそり教えてあげてください。くれぐれもSNSで拡散しないようにしましょう。
アカウントを消して逃げられてしまいます….アカウントがある状態の時にすべての情報を保存できていれば、犯人の特定が比較的楽にできます。
削除されてしまった後は、Google検索で、そのアカウント名で検索すれば少しは情報を入手することができますが….

著作権情報センター
http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime8.html

Twitterですとアカウントが存在している間は、過去ログを表示させる各種サービスがあります。(くれぐれもストーカーのような使い方はしないでくださいね。)
twilog
TOPSY
TwimeMachine

その1…

写真家って機械であるカメラを使っているのにデジタルというか電子というか、そう言った事に疎い人が結構多いような気がする…

ひょっとして新しいモノに対して臆病な人種なのかもしれない….

もう流石にアナログでなきゃ、なんて言う人はいなくなったけれど、新しいメディアに対して積極的に利用していこうとは思っていない。

流行って来たら自分もやろうなんて時期をうかがっているのだろうか?
それぞれのスタンスは違うのだから別にかまわないけれど、写真の新しい可能性を考えなければいけない時が来ているのではないかと思ったりもする。

近頃、地価や賃貸料が下がったことで、ギャラリーがかなり増えた。また、お店でもギャラリースペースを併設するところが多く、写真展が頻繁に行われるようになった。それは自分の作品を人に見せる事が比較的カンタンにできるようになったと言う事でとても喜ばしい。かく言う杉山も写真展も開催しようと思っている。

FacebookなどのSNSがかなり一般化した事によって告知ができ、写真展に足を運んでくれるようになったのもとても良い事だ。

でも写真展で見てもらうのには限界がある….

せっかくの作品なのだから、それ以外でも何らかの方法で見てもらうと言う事をした方が良いんじゃないかと思っている。

その2…

個人的な写真展だけでなく、「御苗場」onaeba.comをはじめ、「ポートレイト専科」portraitsenka.jpや「リアルポートレイト」photo-ngp.info/real_portrait.html、などの大きな合同写真展や「フォトグラファーズサミット」phsmt.netのようなプレゼンテーションの場、などの大きなイベントのようなものも多数開催され活気づいている。リアルに「写真が大好きな人」が集まることって、カメラショーしかなかった時代から比べるともう本当にスゴい事だと思う。

でもね。これってWEB世界で言うところの「オフライン」….

そのイベント開催中またはその前後は、大いに盛り上がるんだけど、その時期が過ぎちゃたったり、その会場に行けなかったりすると、参加する事ができない。

素晴らしい作品や作家が集まっているのに、なんだかスゴくもったいない気がする…..

で、電子好きというか新しいモノ好きの杉山は、そう言った「写真が大好きな人」みんなが集まるWEBサイトや電子写真集のブランドがあったら良いんじゃないかと以前から考えていた。…..「オンライン」

写真集アプリや電子写真集を出した経験から言うのだけれど、世界中の人に長期間見てもらえるし、そこから新たな仕事も舞い込んでくる….(もちろん写真展や紙の写真集も同時にやってます)

ひとりの作品では、たかだか知れてるけど、大勢の人が集まれば海外に対してもアピールする事ができるのではないかと….

その3…

つい最近、巨匠写真家の横木 安良夫さんから連絡がありました。横木さんとはどこかの写真展で何度かお会いして、ちょっとお話をした程度で、仲が良いお友達と言うわけではありません。

その横木さんが、なんと「AmazonのKindleで写真集を出したい」と言うお話です。お会いして詳しく内容をおうかがいすると、
自身の写真集ということでなく、世界の写真家が参加する写真集のブランドをKindleの中に作りたいと言う事だったのです。

ここで横木さんが清いのは、ブランドを作るといっても、横木さんが出版社としてまとめるのではなく、写真集はひとりひとりの作家が自身でKIndleで出版し、そのロイヤリティも作家自身が全額受け取る。という事です。
共通のタイトルとロゴを表紙に入れる事で、それがAmazonのKindleの中にいっぱい並べば、それはもうブランドになります。

とても共感するところが多く素敵なプロジェクトなので、ご協力させていただいています。

詳しくは、横木さんがプロジェクトの概要をFB上にアップしていますのでご覧下さい….

http://on.fb.me/1jiBit3

15_AT_crossroad_ly4

 

——————————

AmazonのKindleをご存じない方もいらっしゃると思いますので、カンタンにご説明させていただきます…….

KindleというiPadような電子書籍リーダーの専用端末(ディバイス)を指すこともありますが、その事ではありません。

Amzonが世界中に(7言語)展開している世界最大の電子書籍のマーケットで、専用アプリをダウンロードすることで、iPhone、iPad、Android、Mac、Windowsなどのすべてのディバイス、パソコンで見ることができます。

また、このKIndleでは、誰もが完全無料で、なおかつとてもカンタンに、電子書籍や電子写真集などをすぐに出版することができ、世界中で販売されます。

——————————

この続き、はまた次回….

web

どこのサイトやSNSでもアップロードできる画像の容量の上限が設定されています。
といって、あまり小さな画像だと目伸ばしされて表示される場合もあるので注意が必要です。
5000万画素もあるフルサイズ一眼も出てきましたので、容量の上限を超えてしまう事が多いのです。

○通常のWEB投稿では長辺2000px〜3000pxくらいの画像が手頃なサイズでしょう。

○JPGやPNGが一般的ですが、同じサイズでもPNGの方がファイルサイズが大きくなります。

○JPGの場合、圧縮が低い方が美しいのですが、ファイルサイズが大きくなりすぎるので、80%程度の圧縮率が好ましい。圧縮率を高くしすぎると圧縮による解像度の低下も見えてきます。

○画像には、色空間というものがあります。印刷用やプリント出力ではより広い色空間のAdobeRGBを使いますが、WEBではsRGBにしたものを使います。
Adobe RGBの画像をそのまま sRGB色空間が指定されているディスプレイで表示すると、くすんで見えたり、発色が異なって見えます。
(AdobeRGB対応のモニターで見ている人は限られます。スマホなどもsRGB表示のものがほとんどなので、電子写真集などもsRGB画像を使います。)

プロの場合、印刷用が主だったりするので、うっかりsRGBに変換してないものを上げてしまったりもするので注意が必要です。
(WEBデザイナーでも、色空間の事を知らない人が多いので、印刷用のAdobeRGBの画像をそのまま使ってせっかくの写真を台無しにしているWEBサイトも見かけます)

※ 一般的にデジタルカメラは初期設定ではsRGBに設定してあるものがほとんどなので、理解できない方は色空間については無視していただいて大丈夫だと思います。

色空間の参考になるサイト
http://3dcg.homeip.net/3d_hardware/lcd/02.php
JPG、PNG、GIFの違いの参考になるサイト
http://www.seojapan.com/blog/gif-jpg-png

Lightroomを起動。
メニューの「Lightroom」→「透かしを編集」をクリック。

lightroom

○最下部のボックスに入れたい文字を入力する。
○「テキストオプション」で、書体や文字色を指定します。
○「シャドウ」で、文字に影をつけることができます。(白っぽい画像などには有効です)
○「透かしの効果」の「サイズ」→「プロポーショナル」で文字の大きさを変更できます。
○「基準位置」で上下左右のどの辺りに入れるかを決める。
○挿入位置で微調整。

一度、作ったものは「保存」で名前をつけて保存します。

lightroom

○「透かし」は文字の大きさが一定で文字列の組み合わせが出来ないので、そのようにしたい時は、透かしを複数作っておき、書き出しを何度かする必要があります。

lightroom

○画像の「書き出し」の時に「透かし」にチェックを入れて、保存した透かしを選択する。

PAPUA 、©の「透かし」を入れて「書き出し」を2回しています。一度目はPSDで書き出して、最終書き出しは、JPG80% sRGBで書き出ししています。(JPG書き出しを何度もすると画像が劣化するため。また、WEB上に掲載する画像はsRGBにします。)

papuanewguinea

Feelment

“オンラインポートフォリオ、撮影テクニック、現像・レタッチ、デジタル一眼・デジタル一眼レフカメラレビュー、展示会情報等 写真に関する知の共有とフォトグラファーのためのビジネスプラットフォームサービスをご提供。”

今現在はプレリリース期間なので、一般の方は閲覧だけで投稿できませんが、今年中のオープンを目指して進めています。

プロフェッショナル写真家だけでなく、写真大好きな方なら誰でも登録ができます。

今後みなさまのお役に立てる新機能のアッップデートも頻繁に行っていくとの事です。

https://ja.feelment.com

Feelment

オンラインポートフォリオ、撮影テクニック、現像・レタッチ、デジタル一眼・デジタル一眼レフカメラレビュー、展示会情報等 写真に関する知の共有とフォトグラファーのためのビジネスプラットフォームサービスをご提供。

Top