Cosmodeマヒガクさんから始まって、Cure乾たつみさん、三鷹津波さん、まったくコスプレイ素人の杉山にいろいろ教えていただきながら撮影を開始したのが、随分昔の事のように感じます。
本日やっと100キャラを達成しました。100キャラ目のコスプレイヤーさんは数少ない男子レイヤーの方(kenさん)だったのです。
100キャラ達成のご褒美のように、レイヤーの皆さんが入るShowcaseの3DCGが杉山の手元に届きました。広告等の画像処理/CG制作会社では日本のトップクラスのVONS Picturesさんに制作していただきました。
杉山画像処理はしますが、さすがに3DCGまでは作れません。何度かの打ち合わせ、修正の後、完成したのです。
Showcaseの精密さに感動して、徹夜してレイヤーさんをcaseの中に入れてみました。
このCaseの中でレイヤーさんがグルグル回転し、8方向からのカットが見る事ができます。もちろん拡大画像も見れるのです。
ちょっとだけサンプルをお見せしましょう。小さい画像だから詳細は見れませんが雰囲気はわかりますよね。
この写真だけ見るとCaseが大きすぎるように見えますが、グルグル動くとこの大きさが必要になります。グルグルを見た人は感動してます。アプリが出来てきたら、また少しお見せします。100キャラX8カット=800カットのレタッチって凄すぎ!

ken_01_01 mahi02_new

 

tsunami03_01   inui_02_01

レタッチを勉強している人はVONS Picturesのサイトを見に行くと良いですよ。有名レタッチャー集う会社です。

VONS Pictures WEBSITE 2010

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です