コスプレイヤーさんの撮影を始めてわかった事。
実は彼女&彼らは、イベント会場だけで大撮影会をしているのかと思っていたのが大間違い。ロケ撮影においては、必要とあれば城が背景に欲しければ姫路城に行き、富士山にも登ってしまう。プロの撮影と変わらぬロケーションを求めて何処へでも行くんです。
また、広告業界、出版業界の不況でハウススタジオの経営危機が聞こえる中、救世主としてコスプレイヤーさんが集まってハウススタジオを借りて撮影していることを知っていますか?土日祝はもちろんのこと平日までも彼女たちで予約がいっぱいのハウススタジオもあるようです。

撮影だけをしているのかと思いきや、その撮影された写真を自ら画像処理している。杉山のところに来てくれているコスプレイヤーのみなさんのほぼ全員がPhotoshopなどの画像処理ソフトを使っているのです。
肌の処理だけでなく、ゆがみやワープ等の機能を使い、足長、痩身、顔の輪郭、目の大きさまでも処理している。いつもはみんなを画像処理で騙している杉山もしっかり騙されました。(笑)
カメラ雑誌や画像処理関係の本等も買って日夜独学してると聞いてまたまたビックリしてしまいました。
流行ではじめてたカメラ女子以上にカメラや画像処理のことを追求しているのかもしれない。なぜなら彼女たちは流行に飛びつかないオタクなのですから。オタクの研究心、集中力はすごいのです!!

コスプレコミュニティサイトCure の画像を見てみると良い。中にはプロ顔負けの写真がある。

Cure

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です