12月30日発売のSHUTTER magazine Vol.7に「ゼロ年代のファッション写真史」というタイトルで2000-2009に起こった渋谷・原宿系のファッション写真について、それらのファッションに初期段階から携わった杉山の写真とインタビューが5Pで掲載されます。
当時最前線に杉山がいたことは確かなのですが、こんな風にファッション写真史ということで取り上げられるのは大丈夫なのかなあ、と考えてしまいます。(笑) 本屋で見てね!

SHUTTER magazine

確かに渋谷・原宿系の両方をやっていたカメラマンは杉山しかいなかったかもしれないんだけど、この当時の本業はPARCO、ISETAN、その他アパレルの広告、モード系の雑誌だったんです。
時代として残るのは海外の焼き回しでない、日本初のファッションということだったのかな?海外から戻ってきたので、当時からいつも日本発というのは意識はしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.